Agreement
ソフトウェア共通約款

スターティアラボ ソフトウェア共通約款

第1条(本共通約款の目的)

1. この「スターティアラボソフトウェア共通約款」(以下「本共通約款」といいます。)は、以下の各号のソフトウェア(以下「本ソフトウェア」といいます。)の使用許諾契約(以下「本契約」といいます。)に共通して適用される契約条件を定めることを目的としています。 なお、原則としては、本ソフトウェアには、お申込者向けにカスタマイズされたソフトウェアは含まれないものとします。

2. お申込者とスターティアラボ株式会社(以下「ラボ」といいます。)が、以下の各号の本ソフトウェアについて本契約を締結したときは、当該本ソフトウェアにつき、本共通約款の規定に加えて、 下記のリンクのURLに掲載される使用許諾特款(以下、「ソフトウェア別特約」といいます。)の規定が適用されるものとします。

3. 本契約の申込書の約款、ソフトウェア別特約、及び本共通約款の規定が重複又は矛盾する場合の優先適用順位は以下の各号のとおりとします。

第2条(約款の変更)

第3条(著作権等の帰属)

第4条(使用許諾)

第5条(ログインID等の管理)

第6条(メンテナンス等による一時停止等)

第7条(禁止事項)

お申込者は、次の各号に定めることを行うことができません。

第8条(禁止コンテンツ等)

1. お申込者は、次の各号に該当するコンテンツ(以下「禁止コンテンツ」といいます。)を本ソフトウェアに登録すること、及びラボの管理するサーバーにアップロードすることができないものとします。

第9条(瑕疵担保責任)

第10条(機能追加等)

ラボは、自己の裁量で、本ソフトウェアを改変し、機能追加又は操作性の向上等を図ることができるものとします。

第11条(事故等の報告)

ラボは、本契約の履行に支障が生じるおそれのある事故の発生を知ったときは、当該事故発生の帰責のいかんに関わらず、直ちにその旨をお申込者に報告するものとします。

第12条(再委託)

第13条(秘密保持)

1. お申込者及びラボは、本契約に関連して知り得た相手方の技術上又は営業上その他業務上の情報で、次の各号のいずれかに該当するもの(以下「秘密情報」といいます。)を、 相手方の事前の書面による承諾を得ないで第三者に開示又は漏洩してはならず、本契約の履行以外の目的に使用してはならないものとします。

2. 前項の規定にかかわらず、お申込者及びラボは、次の各号に該当する場合は、秘密情報を必要最小限の範囲内で開示することができるものとします。

3. 第1項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する情報については、秘密情報から除外するものとします。

第14条(権利義務の譲渡禁止)

お申込者は、ラボの事前の書面による同意なくして、本契約上の地位を第三者に譲渡し、あるいは本契約から生じる権利義務の全部又は一部を第三者に譲渡もしくは引き受けさせ、又は担保に供することはできないものとします。

第15条(バックアップ)

お申込者は、自己の責任において本ソフトウェアに登録又は保存したデータのバックアップを行うものとします。ラボは、当該データの消失・毀損について、責任を負わないものとします。

第16条(免責)

第17条(損害賠償)

(1) ラインセンス料を損害賠償の上限とする本ソフトウェア

(2) 月額費用の3ヶ月分を損害賠償の上限とする本ソフトウェア

(3) 月額費用の 2 ヶ月分を損害賠償の上限とする本ソフトウェア

4. 前各項の規定にかかわらず、お申込者が連続して本ソフトウェアの全部又は一部を48時間以上連続して使用できなかった場合、ラボは、損害賠償として、下記の金額をお申込者に損害賠償するものとします。

5. 本契約において、お申込者又はラボが相手方に対する損害賠償責任は、本条に定めるものが全てであり、本条に定める範囲を超えて相手方に対して損害賠償請求をすることができないものとします。

第18条(反社会的勢力の排除)

1. お申込者及びラボは、次の各号を表明し、保証するとともに、将来にわたっても次の各号を遵守することを確約するものとします。

第19条(クーリングオフの適用除外)

本ソフトウェアは、事業者であるお申込者が営業のため、又は営業として使用するためのものです。したがって、お申込者は、本契約をクーリングオフすることはできません。

第20条(契約解除及び期限の利益喪失)

1. お申込者又はラボは、相手方が次の各号のいずれかに該当したときは、相手方への催告をすることなく、ただちに本契約の全部もしくは一部を解除し、又は本ソフトウェアの使用許諾の一時停止をすることができるものとします。

第21条(サービスの廃止)

ラボは、3ヶ月以上前にお申込者に通知することにより、本ソフトウェアに関連するサービスの提供の全部又は一部を廃止することができるものとします。

第22条(データの削除)

第23条(不可抗力)

天災地変、政府又は政府機関の行為、法律・規則・命令の順守、火災、嵐、洪水、地震、津波、稲妻、台風、疾病、戦争(宣戦布告の有無を問いません)、戦争状態、敵対行為、テロ、反乱、革命、暴動、爆発、海難、ストライキ、工場閉鎖、サボタージュその他労働争議、運送機関の遅延、通信回線等の事故、エネルギー供給又は統制、その他不可抗力による本契約の全部又は一部(金銭債務を除く)の履行遅滞又は履行不能については、いずれの当事者もその責任を負わないものとします。ただし、当該事由により影響を受けた当事者は、当該事由の発生を速やかに相手方に通知するとともに、回復するための合理的な努力をするものとします。

第24条(残存条項)

本契約の終了後も、第3条(著作権等の帰属)、第7条(禁止事項)、第14条(権利義務の譲渡禁止)、第16条(免責)、第17条(損害賠償)、第22条(データの削除)、本条、第25条(準拠法及び管轄合意)ないし第30条(解釈)の条項は、引き続きその効力を有するものとします。

第25条(準拠法及び管轄合意)

第26条(協議事項)

本契約に定めのない事項その他本契約に関して生じた疑義については、双方誠意をもって協議し決定します。

第27条(権利の非放棄)

いずれかの当事者が本契約の条項のいずれか、又はこれに関する権利のいずれかの実行を行わず、又は本契約上の選択権の行使を行わない場合であっても、かかる条項・権利・選択権を放棄したものとみなされることはなく、また、いかなる意味でも、本契約の有効性に影響を与えないものとします。また、いずれかの当事者がかかる条項、権利、又は選択権の行使を怠った場合であっても、後に同一又は他の条項、権利又は本契約上の選択権を実施し又は行使することを妨げないものとします。

第28条(可分性)

本契約の条項のいずれかが、管轄権を有する裁判所によって違法又は無効と判断された場合であっても、本契約の残りの条項はなお有効であるものとします。

第29条(完全合意)

第30条(解釈)

別段の定めがない限り、本契約においては次の通り解釈されます。

第31条(フリープランに関する特約)


2017年5月9日施行
2017年8月22日改訂
2018年2月1日改訂
2018年10月30日改訂
スターティアラボ株式会社