トップページ > Information > 【05月23日(火)】営業マンが必ず追ってくれる見込み顧客の作り方 ~成功の3パターン~

Information
インフォメーション

【05月23日(火)】営業マンが必ず追ってくれる見込み顧客の作り方 ~成功の3パターン~

エムタメ! 2017/04/18
Curation From エムタメ!管理者
【05月23日(火)】営業マンが必ず追ってくれる見込み顧客の作り方 ~成功の3パターン~

現在自社のマーケティングを担当している方にとって、
①WEBサイトのCV(お問い合わせ数)を増やす活動 と
②保有している情報・リストから有効商談を生み出す活動 は
両方とも実施すべきとお考えの方が大半ではないでしょうか。

①に関してはWEBサイトのアクセス数を増やす施策
もしくはお問い合わせフォームの改善であったりコンテンツの改修といった
問い合わせ率を改善する施策を行います。

しかし、上記の施策は長期的な視点が必要になりますし、
既に多くの企業が取り組んでいる為、伸び代が残っていない会社様も多いのが実情です。

とはいえ、マーケッターとしては商談創出(営業部門への案件パス)が
メインのミッションとなりますので、営業部門に「アツイ!」と思ってもらえる
見込み顧客を見つけたり育成したりしなければなりません。

その具体的な施策として
自社のホームページへアクセスし問い合わせをせずに離脱した
ユーザーと過去接点があったユーザーを有効活用
する方法を
3つのパターンに分けてご紹介していきます。

上記3つのパターンに関しては、具体的な事例を使って成功手法をお伝えいたします。

お席に限りがございますのでお早めにお申し込みください。

こちらの記事もどうぞ

【09月12日(火)】[Senses共催セミナー]“属人化しない”強い営業組織は「SFA×MA」でつくれる

【09月12日(火)】[Senses共催セミナー]“属人化しない”強い営業組織は「SFA×MA」でつくれる

近年の営業活動はプッシュ型からプル型へと移行し、従来通りのテレアポ・飛び込み・ルート営業を行い個人の営業力に頼った手法だけでは、売上(成約数)を安定的に伸ばすことが難しくなってきています。 それにより、企業はこれまで以上にマーケティングに力を入れはじめ、見込み顧客の獲得や保有リードの成約率を高める活動への投資意欲が高まってきています。 成約数を増やすという観点ではWEBマーケティングの強化のような...
エムタメ!2017/09/01

縦書きのWEBサイトで「和風」や「雑誌風」のデザインに!

縦書きのWEBサイトで「和風」や「雑誌風」のデザインに!

日本は漢字を使用する国であり、文章自体も昔から縦書きで表されてきました。漢字という文字自体が縦書きを前提に作られており、漢字から派生したひらがなも実は縦書きが主流の頃にできたものです。 また、文学本や新聞の文化がありますので、紙媒体での日本語の文章は縦書きの方が横書きよりなじみ深いという人もいるかと思います。 しかし、WEBの世界では横書きが主流なので、あえて縦書きのデザインにすることで、より日本...
エムタメ!2017/08/17

CVRを向上させる「WEB接客ツール」とは?

CVRを向上させる「WEB接客ツール」とは?

近年、WEB接客という言葉が、少しずつ認知を広げてきております。現状で導入されているのは大手メーカーや、ECサイト、BtoB企業が中心ですが、デジタルとリアルの境界がなくなってきていることもあり、今後は更なる普及が期待される分野でもあります。 そこで本日は、そもそもWEB接客ツールとはどういうものか、というところから、BtoC業界、BtoB業界それぞれの活用事例まで、ご紹介したいと思います。 目次...
エムタメ!2017/08/17