トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 広告会社F社02

Case事例

業種:広告会社F社

広告枠を取り戻せ!
―アプリがもたらす広告効果―

埋まらない広告枠と、求められる「広告効果」
解決のポイント
ポイント
フリーペーパーの付加価値を提案し、自社媒体に載せる価値を伝えられた
ポイント
アプリを使うことで読者との接点を増やすことができた
やじるし

解決

数ある「アプリ制作」から選んだのは、「使えるアプリ制作ツール」

編集長が他の地域のフリーペーパーの傾向を調べていると、フリーペーパーの独自アプリを作っている媒体がいくつかありました。

情報収集の中で、「最近のユーザーの行動特性から、SNSやアプリが注目されている」という記事を目にしていた編集長は、「自社のフリーペーパーでもアプリが活用できるかもしれない」と感じました。
しかし、単純に「アプリ制作」と検索してみても、様々な種類のアプリが存在しており、どんなアプリが適しているのかわからずにいました。


その中で、「クライアント向けにO2Oアプリを誰でも簡単に、作成から運営代行まで実現」という言葉のアプリ制作ツールを見つけました。問合せをし、スターティアラボ社の営業マンから話を聞くと、このツールは専門知識が無くても簡単に使えるツールを目指しているとのことです。
「機能はたくさんあっても、使えなければ意味がありません」と、営業マンは言います。

また、F社からクライアントに対して「アプリを作りましょう」と提案ができるので、単なる『フリーペーパーアプリ』ではなく、広告営業の際にも活用できると感じました。

編集長は、自社でも運用が可能なことと、フリーペーパーの紙ビジネスに付加価値を付けることができるツールだと感じ、クライアントに話をすることにしました。
 

読者との接点が増加。紙媒体では測れなかった「効果」も明確に

広告会社F社の営業は、広告枠にプラスして、アプリの提案も始めました。

すると、以前は「紙の広告は高いうえに効果が分からない」と言っていたクライアントが、「広告のオプションとして店舗アプリを始められるのは、とても踏み出しやすい」と、契約に至った店舗がありました。
AppGoose(アップグース)を提案に盛り込んだことで、今まで獲得できなかった店舗との取引を始めることができました。
実際にアプリ運営を始めてから、定期的にクーポンやお店のコラムを配信していたところ、リピーターが増えたという話を聞くことが多くなり、店舗自体にも嬉しい効果がありました。

フリーペーパーの号を追うごとに、アプリの会員数も順調に増えてきています。
編集長には「フリーペーパーの発行頻度にとらわれることなく情報配信をいつでもおこなえるようになり、今までは月に一回だった読者とのさらに接点が増えました」と喜んでいただいています。


また、紙媒体の誌面にもAR(=拡張現実)の仕組みを活用しています。
フリーペーパー内に掲載されているお店の写真に、ARアプリをかざすと店舗紹介動画が再生されたり、プレゼントに応募できる仕組みにしています。出稿してくれている店舗からは、PR効果が上がったと喜びの声をいただいており、媒体価値をアップすることができています。


F社では、ARやアプリから取れるログ情報をもとに、人気コンテンツの見られている時間帯や年代層、また閲覧数の低いコンテンツの種類などの分析に力を入れています。
どんな記事がユーザーに求められているのか、というマーケティング活動をおこなうことで、フリーペーパーコンテンツのさらなる充実を目指しています。

  • 1
  • 2
PAGE TOP