トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 広告会社P社02

Case事例

業種:広告会社P社

低迷したフリーペーパー事業。
広告掲載数を増やすために取り組んだこととは

解決のポイント
ポイント
媒体とアプリを同時運用したことで、広告掲載の契約数を増やした
ポイント
社内でアプリ専門の担当を決め、毎日更新をおこなうようにした
やじるし

解決

未経験からデジタル化対応の可能性。

あるときP社は訪問された会社から、他県でフリーペーパーを運営してる企業では、アプリとフリーペーパーを同時運用している例が多くなっているという話を聞きました。
さらに、このとき話を聞いた会社のツールであれば、誰でも簡単にアプリを作り運用できるとわかりました。これならば、P社が今まで対応できていなかったデジタル化が実現できると思い、導入することにしました。

個人商店の代わりにアプリ運用をおこなったことで、単価アップに貢献。

P社は今回、アプリという新しい事業を始めることになったこと、紙でのフリーペーパー発行に加えアプリ化もすることで、アナログ・デジタルどちらの読者にも対応できると個人商店ひとつひとつに伝えました。
また、アプリ事業はP社が責任を持って運営するとも強調しました。地元の個人商店の経営者は、デジタル媒体に詳しくない世代の方が多かったため、その不安を解消しようとしたのです。

広告業界の出向費用が値上がりしていたという背景もあり、今回新しくフリーペーパー+アプリという形式に移行するために、通常より高い金額での提案をおこなうことになりました。それにもかかわらず、P社の丁寧で熱心な説明と、それまでに築き上げた信頼関係のおかげで、ほとんどの企業が契約を続行してくれることになりました。

アプリ化にあたって、丁寧なバックアップ体制を構築。多くの反響があった。

アプリでは、紙媒体のフリーペーパーと同じ情報を掲載しています。
これで、紙媒体は手に取らなかったというユーザーでも、スマホで情報を得ることができます。

P社は、アプリ運営のために社内で専任の担当を決め、丁寧なバックアップをおこなうように心がけました。
担当者は、アプリの内容を毎日更新し、店舗からのクーポンを定期的に発行するようにしました。この内容は、プッシュ通知ですぐにユーザーへ届きます。
さらに、アプリ利用者に対して、アンケートに答えるとプレゼントが当たる、クーポンが発行される、という企画を立ち上げました。
すると、企画を始めた月には早くも「アプリのクーポン情報を見て、お客様が来店するケースが増えた」という、個人商店からの嬉しい報告をもらえたそうです。

アプリを使った企画で商店街の盛り上げに協力、アプリ加盟店舗数の上昇にもつながった。

また、ある商店街では、商店街の店で商品購入や飲食をするとアプリスタンプが貯まり、貯めた個数に応じて景品が豪華になっていくというスタンプラリーを企画しました。このスタンプラリーはたくさんの参加者数となり見事に成功し「これまでにない数のお客様が来店してくれた」という個人商店からの声もP社に届きました。

さらに、スタンプラリーの成功を聞いて「お客様に来店してもらえるなら」と、これまでP社のアプリに参加していなかった多くの個人商店も、次回以降の開催のためP社のアプリに加盟してくれることになりました。これにより、P社はフリーペーパー広告の契約数も増加させることができたのです。

P社は、現在では数百にも及ぶ店舗とアプリの契約を結んでいるそうです。

  • 1
  • 2
PAGE TOP