トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 広告会社C社

Case事例

業種:広告会社C社

過疎化の進む地域で、誰もが
「地域の魅力を発信」できる環境を作った方法とは

背景

地方で設立して約20年、地域に密着した企業です。雑誌、新聞などの紙媒体の広告やフリーペーパー、地方局のラジオCMやテレビCMなどの動画撮影・編集など、さまざまなタイプの広告を幅広く制作しています。

課題

紙媒体の発注が減少。動画撮影も予算がある企業からの発注のみに偏っていた

紙媒体を手掛けるものの、印刷機を所有していないC社は、コスト面で印刷会社に勝つことはできません。
そこで会社の強みとしてドローン撮影などの動画制作に注力していました。
都会に比べ、自然豊かな環境で撮影する映像は評判も上々でしたが、予算のある企業からしか発注してもらえないという悩みもありました。

しかし、動画CMの受注は徐々にとはいえ、増えつつありました。
さまざまな企業に話を聞いたところ、昔は「買ってもらう」を目的にCMを作っていた企業がほとんどでしたが、今は「知ってもらう」を目的にCMを制作する企業が増えたそうです。

知ってもらうことを目的に作られたCMは、多くの人に見てもらうことが重要です。
しかし、C社は、動画を制作するだけで、CMを広める手段を持ってはいませんでした。
自分たちで情報をいつでも発信できる環境を整えていく必要性を強く感じていました。

行政発行の紙媒体の制作を受注するはずが、トラブル発生…。

C社が業務を拠点とする地域は、人口の流出が激しく、行政は地域活性化に力を入れていました。
市民に街を好きになってもらうために、以前から広報誌を発行していましたが、内容に面白みがなく、市民からは酷評ばかり……。
頭を抱えた行政は広報誌の制作を民間の制作会社に委託することで内容を充実させようと考えました。

そこで、制作を任されたのが、長年、地域に密着する企業であるC社でした。
しかし、ここでトラブルが発生、市長が変わり、広報誌リニューアルの話が白紙となってしまったのです。

課題のポイント
ポイント
企業が伝えたい情報をいつでも発信できる環境を提供したかった
ポイント
行政の広報誌の制作が白紙になってしまった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP