トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 屋外広告E社02

Case事例

業種:屋外広告E社

市場は小さくなるのにライバルは増えていく…
新規開拓と差別化のために取り入れた方法とは

解決のポイント
ポイント
ARをきっかけに新規顧客の獲得につながった
ポイント
デジタルツールも活用できる会社として、話の幅が広がった
やじるし

解決

「仕事の増加につながれば」と考えるものの、今は時期ではなかった

企画部長が今後の構想について考えていたある日に、スターティアラボ社からARの提案をもらいました。
話を聞くと、印刷会社や広告会社を中心にAR(=拡張現実)を自社で作成できるようになるツールでした。

企画部長は、交通広告の仕事を取るために活用していきたいと考えました。
もしARを活用するならば、他社との差別化や付加価値でARを提供することができ、お客様にとってE社が検討のきっかけになると思ったのです。

しかし、そのときは具体的に活用していく予想図も立てられていなかったことや、具体的な要望の話を聞いたことがなかったため、COCOARの話は「一旦タイミングが合えば」という形で終わりました。

導入に至ったきっかけは、「クライアントが活用を決めてしまったから」

その後、E社がCOCOARを導入に至る理由としては、クライアントでCOCOARを活用する企画が通ってしまったからでした。

経緯は、企画部長がとある飲料メーカーの車のラッピングの仕事を、E社にリプレースしたいと考えたことから始まります。
飲料メーカーは現在、他社で配送トラックのラッピングを春と秋に変更しています。
このラッピングのデザインについて、ただ変更するだけでは企画に面白みがないと感じた企画部長は、ふと先日聞いたARを提案してみることにしました。
すると、飲料メーカーの担当者は予想以上に企画部長の話に興味を持って聞いてくれたのです。

担当者の話では、飲料水のキャンペーン企画を構想中で、費用を抑えつつも魅力的なPRがしたいと思っており、どんな告知方法がいいか考えていたところとのことでした。

企画部長はスターティアラボ社の営業マンと相談しながら、飲料メーカーに向けたARサンプルを作成してメーカーの担当者に紹介しました。
すると、より具体的に活用イメージが湧いた言い、キャンペーンでのAR企画を実現するために力を尽くしてくれ、E社がAR設定の案件を受注するに至ったのです。

今回は、当初企画部長が目的としていた車のラッピングの仕事の受注には至りませんでしたが、ARの設定での仕事が決まり、新規の取引先を増やすことにつながりました。
「導入した理由としては単純でしたが、他の案件でも使えそうだと思っていましたから、案件が決まったことがきっかけで背中を押してもらえました。」
企画部長は、次はラッピングの仕事につなげられるよう改めて提案をしているところだといいます。

E社の印象が変わる、それが別の機会での仕事につながっていく一歩に

企画部長は、広告や印刷に関することだけでなく、「AR」という話の引き出した増えたことで、お客様がE社を見る目が変わったという点も、大きな変化だといいます。
今までは「看板屋さん」というイメージがあり、話もできなかったところから、変わり種としてARの話ができることで、ただ看板を取り扱う会社ではないことがアピールできているといいます。

「印象が残せるだけでも違いますね。たとえその時は仕事につながらなくても、また別の機会で、別の案件ででもつながることができれば、E社にとっては大きな収穫です。」と話していました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP