トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 広告会社Y社

Case事例

業種:広告会社Y社

続くライバル企業の倒産…
生き残るためには自社の変革が必要だった

背景

Y社は不動産広告を中心として企画提案や制作をおこなっています。
クライアントである不動産の業界が小さくなってきていることもあり、ライバルだった制作会社含め、多くが倒産していっていました。

課題

紙以外の事業に参入することで、生き残る必要があった。

今や時代は移り変わり、不動産広告は折り込みチラシからポスティングに方法を変え、さらに近年ではインターネットで情報を集めることが一般的になってきました。
人々へ情報を伝える方法が紙媒体からネット広告に姿を変わっていることもあり、Y社だけでなく様々な業界・業種の会社でも、対応が求められていました。

特に不動産市場が小さくなっている中、今までのようにクライアントから言われるがままに制作しているだけでは生き残れません。

Y社はこれまで、紙媒体における広告の企画力の強さのおかげでなんとか事業を続けてきていましたが、今後はスマートフォン市場を中心とした、ネット広告や動画といったものへの対応が必要だと感じていました。

課題のポイント
ポイント
紙媒体から範囲を広げ、提案できる幅を広げていきたい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP