トップページ > マーケティングTOP > 事例 > システム管理 J社 印刷事業部

Case事例

業種:システム管理 J社 印刷事業部

新規開拓で印刷物を受注!
新規参入だから気づけた、ARの活用法とは?

背景

都内某所に本社を構えるJ社は、書類の電子化やセキュリティに関する情報管理のシステムを製造・販売しています。

課題

継続的な取引の増加と、新規参入の方法に課題あり

J社は保険関連の企業や学校がメインクライアントです。
クライアントと継続的な取引の案件はあるものの、提供している製品の性質上、継続的な取引にはなりにくく、スポット案件が大半を占めていました。

今後の安定的な収益を確保するためには、今まで付き合いのなかった業種の企業や官公庁とも取引も増やしていきたい、と考えていました。
しかし、情報管理システムを官公庁に導入するとなっても、今まで取引のない会社が新規で参入することはとてもむずかしいことでした。
仮に、検討してもらうことになったとしても、契約に至るまでのフローはとても長く、大規模な話になります。

J社では、新規参入の際のフックツールとして活用でき、さらに取引が継続できるような、何か別の事業を始めなければと考えていました。

課題から導き出した方向性は「印刷事業の拡大」だったが…

J社は、「書類の電子化」を勧めるサービスを提供していることもあり、付加価値のサービスとしてチラシなどの紙媒体の制作も請け負う印刷事業もおこなっていました。
印刷物ならば、季節ごとや期が変わるタイミングなどで発注依頼が来ることもあり、継続的な取引が出来る会社もあります。

J社は「新規参入の際のフックツールとして活用でき、さらに取引が継続できるような別の事業」として、印刷事業の拡大を進めていくことになりました。


「印刷事業の強化」を任されている営業部長は、印刷事業を伸ばすための施策を考えるにあたって情報を集めている中で、「AR(=拡張現実)」という存在を知りました。
J社の印刷事業とARに可能性があるのか詳細を聞くために、ARサービスを提供している会社に問合せることにしました。

課題のポイント
ポイント
継続的な取引を実現できるサービスの確立
ポイント
期待されている「印刷事業」の拡大
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP