トップページ > マーケティングTOP > 事例 > デザイン制作L社02

Case事例

業種:デザイン制作L社

下請けの依存体質から抜けだしたい!
ITの活用でデザインの仕事につなげた方法とは

解決のポイント
ポイント
会う人に自社のAR事業を印象づけ、紹介をもらえる環境をつくった
ポイント
ARをフックに取引先を増やし、デザインの仕事につなげている
やじるし

解決

デザインを活かし、新規獲得にも使えるツールとの出会い

とある日に、L社のホームページを見たスターティアラボ社の営業マンから「出版物から動画が見られるようにしませんか」という話をもらいました。

社長は出版社ではなく新規業種の獲得を考えていたため、はじめは断るつもりでした。
しかし、AR作成ツール『COCOAR(ココアル)』について話を聞いてみると、営業ツールとしての活用が多く、社長の考えている新規業種の獲得に有効だといいます。

また、ARの設定においても、L社の社員が丹精を込めて制作している「デザイン」を変更することなく、また過去に制作した印刷物にも、あとからARを設定できることにも魅力に感じ、導入を検討しました。

このときに社長は「ARをフックツールに新規顧客とつながり、デザインの仕事を獲得する」ことを目標に設定しました。

できることからはじめることで、紹介をもらえる環境をつくる

社長がまず始めたことは、自分の名刺にARを設定することでした。
名刺にARアプリをかざすと、社長自身を紹介する動画を見ることができ、自己紹介の際の話題になると同時に、「どのようにARが動くのか」を実際に体験してもらうことができます。

出版社の方との打合せの際や、新しく参加し始めた企業交流会など、会う人に対して「L社でARを作れる」という印象づくりに力を入れ、広めていきました。

また、「ARに興味がありそうな人や活用できそうな案件が合ったら、ぜひ紹介をください」という周知活動もおこなっていました。
すると何名かの方から、一般企業のパンフレットや大学案内でのAR案件の紹介をいただけることになり、出版社以外の業種との取引を獲得することができました。

積極的にARの営業をしていくのではなく、自分たちのペースで無理なくARを広めていったことで、時間はかかりましたが、だんだんとARの紹介をもらえる環境になっていきました。

紹介からつながる、デザインの仕事につなげる

紹介をもらった案件の中で、「CDの特典付録にARを活用したい」という話がありました。

だんだんCDが売れなくなってきている中、実際に特典付録にARを活用したCDを発売したところ、今までより売上が伸びた、という嬉しい声をもらいました。
この企画が好評だったことから、その後CDが発売される度にARの発注をいただいており、継続的な取引にもつながっています。

さらに、今まで特典付録はAR設定のみの依頼でしたが、最近ではデザイン制作から任せてもらえることになったのです。
L社が目標としていた「ARをフックツールに、デザインの仕事につなげる」ことができた事例です。

社長は「はじめはどうやって新規の業種に提案していいのかもわかりませんでしたが、今はARを活用することで、新規のお客様とつながるきっかけにもなっている上に、デザインの仕事にもつながっているので、とても満足しています」と話しています。

ARはあくまでも「お客様の悩みを解決する手段のひとつ」

社長は今後について、こんなことも話していました。

「私の考えとして、ARはあくまでお客様の悩みを解決するための、ひとつのツールでしかありません。
チラシが必要ならばチラシ制作をお客様に提案しますし、ARが役立つならばARを、アプリが効果的ならばアプリを企画して制作します。
その提案ができるお客様とつながるために、今はARを活用してどんどんお客様を増やしていきたいですね」と、意気込みを語ってくれました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP