トップページ > マーケティングTOP > 事例 > デザイン制作P社02

Case事例

業種:デザイン制作P社

何でも制作できる強みを活かせていない…
できることを「横展開」し、単価を上げたい

解決のポイント
ポイント
既存顧客に対して付加価値の提案ができたことで、満足度の向上に貢献した
ポイント
ARをきっかけに映像やウェブページといった、他の制作案件の受注につながった
やじるし

解決

こんなに簡単だと思っていなかった、ARとの出会い

社長がとある日、スターティアラボ社から「ARの話がしたい」という電話を受け話を聞いてみると、AR作成ツール『COCOAR(ココアル)』は、自社でARを作成できるクラウドサービスだと紹介されました。

社長は、AR(=拡張現実)については知っていましたが、開発からおこなう大手向きのサービスだというイメージがあり簡単にできるとは思っていなかったため、P社で活用するということは考えたこともありませんでした。

P社では紙媒体だけでなく動画やウェブと行ったコンテンツも扱っているため、それらすべてを紐付けて活用することができる点に、社長はとても魅力を感じました。
他社のARとの比較もおこないましたが、すでに多数の導入実績があり、また日本語サポートが充実している方が安心だと感じ、スターティアラボ社のCOCOARの導入を検討しました。

既存顧客への付加価値の提供を実現。次の仕事につながっていく。

P社でパッケージやポスターなど、あらゆる媒体のデザインを担当している県内では有名な老舗食品メーカーから、新しくイベントのポスター制作の依頼を受けることがありました。
今回の制作依頼は、食品メーカーの主催するコンサートに出演するアカペラグループの告知ポスターで、社長は「このイベントでARが活用できそうだ」と感じ、さっそく提案をしました。

食品メーカーとは長い付き合いということもあり、常務にARの紹介をしてみると、ポスターが動き出すようなARの動きを大変気に入ってもらいました。
気に入ってもらった理由のひとつとして、この地域ではARを活用している会社はほとんどなく、まだ一般の人々にはあまり馴染みのないものでした。
そのため「最先端の仕組みだ」と驚いて気に入ってもらったことからイベントポスターでのAR活用が決まり、告知ポスターにARアプリをかざすとアカペラグループの歌声を聞くことができ、コンサートに行きたくなるARの受注に至りました。


その後、食品メーカーの企業ロゴにもARを設定しました。
販売している商品は、県内でも有名なお菓子でCMソングも馴染まれており、ロゴマークにARをアプリをかざすとキャッチーなCMソングを聞くことができます。
ロゴマークはお土産パッケージにもウェブサイトにも掲載されているため、まだ商品のことを知らなかった人たちにもお歳暮やお土産で送った際にARを話題にしながら紹介できます。

様々なところでARを活用していったことで、気に入ってもらった常務にも「ARをやってよかった」と言っていただくことができました。
また、ARをきっかけに企画の単価アップにもつながった上に、デザイン制作だけではなくCMの映像制作やイベントのウェブページ制作もまかせてもらえるようになったとのことです。

成功した実績も横展開。膨らみ続けるP社の展望。

食品メーカーでのAR活用は、今後は店舗の集客を促すための施策としてスタンプラリーを企画しているそうです。
県内に数ヶ所ある店舗を回ってスタンプをすべて集めることで、商品キャラクターの人形をプレゼント、またクーポンのプレゼントなどを構想しているそうです。

別のスタンプラリー企画の案件では、県内に複数ある無人駅を活用したスタンプラリーを開催し、途中下車しながら観光を楽しんでもらう施策としても計画中とのことで、社長は忙しくも楽しそうにこれからの構想を話していました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP