トップページ > マーケティングTOP > 事例 > デザイン制作H社02

Case事例

業種:デザイン制作H社

紙のデザインだけでは
代理店に選んでもらえなくなり…。
状況を巻き返すことができた方法とは

解決のポイント
ポイント
他社に差をつける制作ができるようになった
ポイント
紙以外の制作を始め、取引先に喜んでもらえるようになった
やじるし

解決

紙だけにとどまらない表現方法との出会い。

新しい制作の方法を探していたH社の社長。ある展示会に足を運んだ際に、ARを制作するためのツールと簡易Webサイト制作ツールの紹介を受けました。万全なアフターフォローも用意しているという提供企業の話を聞き、これなら自分たちでも新しい事業が始められると感じ、社長は両ツールの導入を決意します。

各ツールを導入してから、社長は各代理店に自分たちの新しい事業を紹介しに回りました。すると各代理店は提案のなかに新しい選択肢が増えると喜び、H社の取り組みを評価してくれたのです。そして、必要な案件をH社に渡すと約束してくれることとなりました。

博物館の悩みに応える企画を提案し、フィードバックも得られた。

新しいツールを導入後、社長は、つきあいのある代理店から、ある博物館の新しい展示企画のためのコンペティションに参加したいから協力してほしいという話を聞きました。

ここで社長は、提案内容にARを使うことにしました。内容は、ポスターやチケットを読み取ると3Dで浮かび上がった展示物や動画が見られるというもの、そして社長はデジタルスタンプラリーを強く提案しました。ARを使ったデジタルスタンプラリーであれば、お客様にいろいろな展示物を見てもらうことがうながせます。

代理店の担当者と社長が博物館をおとずれ提案内容を説明すると、博物館の館長は、常々思っていた「お客様に展示物をできる限り多くみてもらいたい」という悩みがスタンプラリーなら実現できると言ってくれ、代理店はコンペティションに勝つことができました。

H社はさっそく提案内容を実行します。スタンプラリーでは、おとずれた場所ごとにARで実際の展示物の3Dが浮かび上がったり、展示物が使われたフォトフレームで撮影したりできるようにしました。
実際に展示が始まると、スタンプラリーはかなりの人気となり、お客様たちは各展示物を満遍なく見学してくれていることがわかりました。なかでも、フォトフレームに一番のアクセスがあったそうです。やはり、お客様もただ見るだけではなく、自分が参加できる形の方がより見たくなるのではないかと社長は学ぶことができました。
そして現場での閲覧回数が多かったことを博物館の担当者に伝えると大いに感謝され、次回展示に関する話を進めてくれることになりました。

皆が喜ぶアイデアを提案しコンペティション通過に貢献。

またあるとき社長に、代理店から依頼が来ました。ある地元商工会のコンペティションに参加したく、ついてはインバウンド向けパンフレット制作に協力してほしいということでした。

ここで社長は、地元には居酒屋が多いため、飲み屋街の1店舗ごとを紹介するパンフレットを制作するのはどうかと提案します。内容は、パンフレットにARを設定し、外国語での店舗紹介が流れるというものです。
外国人は、ツアーに組み込まれていたりガイドブックに記載されていたりするようなおしゃれなお店をおとずれることはありますが、日本の馴染み深い文化のひとつである居酒屋という形態はあまり知られてはいないと社長は考えました。
さらに近年では、訪日ツアーにおいては「体験すること」がメインになってきているため、居酒屋という「他にない日本文化」を体験し親しんでもらうことができます。それだけでなく、ARを使った店舗紹介は日本の技術紹介にもなり、居酒屋自体の集客にもつながるという、各方面にとって理想的なアイデアとなりました。

このアイデアで代理店はコンペに勝つことができ、正式にH社がパンフレット制作にたずさわることができました。

簡易Webサイト制作でカーディーラーの顧客感謝イベントに貢献した。

あるときH社は地元のカーディーラーから、顧客感謝イベントを開催するにあたって、2つのテーマが叶えられるような販促チラシのデザインを依頼されました。
顧客への感謝がイベントのメインテーマでしたが、もうひとつ、お客様に対してさらに試乗を意識してもらえるようになりたいとカーディーラーはテーマに考えていたのです。

そこで、事前にどんな車に試乗できるのかがひと目で分かる簡易WebサイトをつくるのはどうかとH社は考えました。そして、イベント内キャンペーンの一環として、事前にそのサイトを見た上で試乗してもらったお客様には吊り下げ芳香剤を無料でお渡しするという企画を合わせて提案します。
紙のデザインしか請け負ってこなかったH社でしたが、新しく導入したツールであれば可能だと判断したのです。
カーディーラーは、考えてもいなかったサイト制作までしてもらえるのであればぜひ頼みたいと、H社の提案を受け入れました。

H社は、まず試乗車一覧が見られる専用サイトを制作したあとにDM用のチラシを制作し、キャンペーン内容を伝えるとともに、紙面にQLコードを添付しました。ここから、すぐサイトに飛ぶことができます。
DMを受け取ったお客様たちは、イベント開催までに試乗車一覧サイトにアクセスしてくれていることがわかりました。
そして、試乗イベント開催当日は、スマートフォンでこのサイトを店員に見せながら乗りたい車を選んでくれるお客様でにぎわうことになりました。

新しい制作技術を活かして、リベンジしていきたい。

H社は現在、ある食品メーカーのカレンダーにARを設定し、毎月のレシピを公開するという案件や、水族館でのスタンプラリー企画も進めています。
このように、ARや簡易Webサイトの制作が可能になったH社。今後は、以前デザインだけでは受注できなかった業界にも、もう一度企画を持ち込みたいと意気込んでいるそうです。

  • 1
  • 2
PAGE TOP