トップページ > マーケティングTOP > 事例 > デザイン制作H社

Case事例

業種:デザイン制作H社

紙のデザインだけでは
代理店に選んでもらえなくなり…。
状況を巻き返すことができた方法とは

背景

H社は、紙媒体での広告デザインを主な事業としています。
かつては代理店からの定期的な依頼で、順調に業績を伸ばしていました。

課題

他社に差をつけたアピールができるようになりたい。

ただ現在のH社は、代理店経由のコンペティションのように他社と競わなければならないケースでは、決定的な差別化ができておらず、受注のための決定打がなかったのです。さらには、代理店が最終的に、もともとつきあいのある他のデザイン事務所へと案件を渡してしまう場面も、幾度となく目にするようになりました。

紙の仕事には自信があるとH社の社長は思っていましたが、この状況からか、直接の依頼や代理店からの依頼も年々減り、紙以外の案件が割合を増してきているように感じ始めました。

社長は、取引先から自社を選んでもらえるような決め手が必要であると思うようになりました。

紙以外の依頼にも応えられるようになりたい。

最近では紙以外の依頼を受ける回数も増えてきたH社。依頼のなかには、時代に即したスマートフォン広告やインターネットサイトのWebデザインのような依頼もあり、紙媒体がメインであったH社には対応することが難しい場合も少なからずあったのです。

今後もこういった「紙媒体以外での依頼」がより増加してくるだろうと次第に社長は考えるようになり、自分たちもしっかりと対応できるようにならなければならないと、そのための方法を探すことにしました。

課題のポイント
ポイント
自社を選んでもらうための決め手が欲しかった
ポイント
紙媒体以外での制作依頼に対応できるようになりたかった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP