トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 通信教育K社

Case事例

業種:通信教育K社

時間も予算もなくても膨大なテキストを簡略化して売り上げをアップできた理由

背景

企業内での教育や能力開発、資格取得などをサポートする職業訓練法人です。おもに企業に向けた通信教育講座を幅広く展開しています。

課題

時代を先取りしたeラーニングがまだ需要が低かった

K社は約40年前に設立以来、精密機械や食品製造メーカーなどの技術者向けに通信講座を数多く手掛けてきました。

数年前から企業の技術自体に革命が起きていました。
技術の進歩により、工場の機械自体が小型・デジタル化し、技術者であっても、知識がなければメンテナンスさえも難しくなっていたのです。
技術者たちに知識を学んでもらうため、K社もさらに新しい講座を展開していきましたが、
教材の内容も複雑化し、テキストの量も膨大に。
情報が膨大なため、どのページに学びたい内容があるのか、受講者からわかりわかりにくいという声もありました。
そこでK社は、当時、浸透しはじめたeラーニングの導入を検討することに。
しかし、eラーニングは全体像を把握・理解させるためには膨大な説明が必要となること、
当時はPCの普及率が低く、かつ画面で勉強することに人々が慣れていなかったため、eラーニングの導入は中座することに……。
以来、数年間は紙のテキストのみを扱っていました。

難関資格取得のための講座を充実させたい

K社が取り扱う講座のなかでも、年々受講数が増えている人気の講座がありました。
毎年5万人近くが資格試験に挑むものの、合格率は10%を満たない超難関といえる
資格です。
K社は受講者のために、過去の試験問題の解答も追加した教材にリニューアルしたいと考えていました。
しかし、この資格は全4科目で構成されており、ただでさえ膨大なテキスト量になってしまうことに加え、過去問題は毎年内容が変わってしまうことが懸念点でした。
分冊するとコストパフォーマンスもかかってしまうことに加え、在庫管理が煩雑になってしまうことにも頭を抱えていました。

教材のリニューアルを考えた際に、数年前に中座したeラーニングはどうかという案が社内で出ましたが、この講座は4月から始まるためリニューアルするならば4月までにしなければならないのにかかわらず、この時はすでに2月。
時間がないことに加え、予算もかけられないという大きな問題がありました。

課題のポイント
ポイント
eラーニングを取り入れるも当時は時代に合わなかった
ポイント
教材のリニューアルを考えるも時間も予算もなかった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP