トップページ > マーケティングTOP > 事例 > B商工会議所02

Case事例

業種:B商工会議所

商工会の活動を広く、わかりやすく発信し、
地域活性化を実現させたい

解決のポイント
ポイント
文字と動画を合わせることで情報に厚みを出し、企業同士の交流に貢献した
ポイント
新しいイベントの告知方法として活用し、広報活動に役立てた
やじるし

解決

新しい情報発信のツールとして、活用を検討。

新しい広報の施策を考えていたY氏のもとに、ある日ARについて記載されたダイレクトメールが送られてきました。ふと気になったY氏は、デモ環境を試してみることにしました。

実際にARを見てみると、ARの制作も簡単な上に、紙の中で動画を再生させることができる技術に、Y氏は商工会で発行している会報誌やイベント事業でも活用でき、新しい情報発信のツールのひとつとして活用できそうだと感じ、導入を検討しました。
またアクセスログの解析機能がついていることも、今後の分析に必要になる部分だと感じ、導入を検討した理由のひとつでした。

会報誌から広がっていく、企業と企業のつながり

会報誌ではARの特集ページを新しく作りました。
特集ではB商工会議所でARを始めたことのPRも含まれていますが、「新しく創業した企業や店舗を応援する紹介コーナー」と称して、文字情報だけでは伝わらない企業やお店の魅力、社長の思いといった動画をARで見られるように設定しています。

この会報誌のARを見た企業から、「自社のプロモーションにもARを活用したい」という問合せがY氏の元に来ることもありました。
商工会に所属している企業の中には向上心の高い企業が多いこともあり、「ARを広報に力を入れるひとつの方法として活用してもらえれば、商工会の目的である活性化にもつながる」とY氏は話しています。

また嬉しいことに、「特集で紹介された企業を見て共感したことから連絡を取り、そこから新しいビジネスに発展した」という話もあり、企業同士の発展に貢献できたとY氏も喜んでいました。

新しい試みとして話題になり、イベント集客へ貢献。

また、B商工会が主催するイベントでもARを活用しました。
このイベントは毎年開催されており、この地域に代々受け継がれてきた歴史あるお祭りです。

ARはお祭りを告知するポスターにARを設定しており、ARアプリをかざすと昨年の様子を含めたプロモーション動画を見ることができます。
ポスターは県外にも掲示しており、地元以外の人にもお祭りの臨場感を伝えられるような設定にしたことで、集客に貢献しました。
ポスターでのAR活用は、新しい試みとして地元の新聞にも掲載され、より多くの人にお祭りのことを知ってもらえるきっかけになったとのことです。

ログ情報を見てみると、県外からのARのアクセスがあったという情報も取ることができたことで、商工会のメンバーにもデータとして証明することができ、今後の広報活動に役立てたいと話していました。
また次の開催の際には、スタンプラリーも活用して、お祭りを更に盛り上げるための施策として提案したいと意気込んでいました。

「ARの存在を浸透させて、活用しやすい環境を作っていく」

Y氏は今後について、
「まずは商工会が筆頭になって、この地域の人々にARがどんどん浸透し、利用してもらえる環境を作っていきたいです。
今後、もし他の会社でもARをやってみたいという話になったとき、私たちが企業の背中を押せる心強い立場でありたいですね。」と話していました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP