トップページ > マーケティングTOP > 事例 > デザイン制作L社02

Case事例

業種:デザイン制作L社

強めたい「他社との差別化」と、
増やしたい「新しい業界とのつながり」

解決のポイント
ポイント
協力会社へのAR導入の周知をきっかけに、紹介をもらえるようになった
ポイント
制作できる選択肢が増えたことで、問合せにつながった
やじるし

解決

自社内でARを制作でき、将来性も感じたツール

とある日にスターティアラボ社から連絡があり、AR(=拡張現実)を自社で作れるようになるサービス『COCOAR(ココアル)』を紹介されました。
ARは3Dコンテンツを作りたいという、メーカーからの依頼で制作したことがありましたが、自社内でARの制作環境を持つことが出来るというCOCOARに社長は魅力を感じました。

COCOARについて話を聞いたあと、他社のARサービスと比較するために、数社に問合せをしました。
その中でもCOCOARに決めた理由としては、質問に関しても一番レスポンスが早かったこと、追加機能のバージョンアップを定期的におこなっており将来性を感じたことが、導入を検討した大きな理由でした。

紹介から広がった取引のなかった業界との仕事につながった

さっそく、ARは電車のパンフレットで活用してもらっています。
新しくお披露目する新車両の紹介パンフレットに設定されているマーカー画像にARアプリをかざすと、キャラクターが車両の動きやこれまでの歴史などを説明してくれる紹介動画を見ることができます。

ARの、紙面では紹介しきれなかった動きを伝えられる点を気に入っていただき、新しい車両の紹介冊子に付加価値をつけることができました。
パンフレットに付けたARはアクセス数も予想以上にあり、別の路線の紹介パンフレットでもARを活用してもらえることにつながっています。

このパンフレットでの活用に至るには、協力している映像会社様の紹介がきっかけとなりました。
もともとARに対して興味を持っていた映像会社の担当者が、L社でCOCOARを導入したことを聞き、提案したい企画があると話を持ちかけてくれ、活用されたのです。

3D制作もARも、両方に対応できるからこそいただいた依頼

またL社のホームページを見て、ARに興味を持った造船会社から問合せをいただきました。

内容としては「出展する予定の展示会でARを活用したい」というもので、展示会場に設定してあるマーカーにARアプリをかざすと、船の3Dモデルを見られる仕組みのARを作成しました。
さらに今回は、かざしたあとに出てくる3Dコンテンツのモデリング制作の発注もいただくことが出来ました。

社長は「なぜAR制作をL社に依頼してきたのか」を造船会社の担当者に聞きました。
はじめは3Dの船を作りたくて探していたところでL社を見つけると、ARも一緒に作れると記載があったため、別企画で構想していたARと3Dの船を合わせた物ができると感じて、両方制作してもらえるL社に依頼をした、という話をいただいたそうです。

ARをきっかけに、増えてきた様々な業界とのつながり

社長は「COCOARがきっかけとなって、いろんな業種の人と商談する機会が増えた」と話しています。

特に、ARを自分の名刺に設定したこともあり、わざわざパソコンを用意しなくても、持っているスマートフォンで自社のコンテンツを見せられるので、手軽に自社の制作物を見てもらえるようになったことは大きなメリットだといいます。

また社長は、
「L社はコンテンツ制作会社なので、せっかくならARから出てくるコンテンツも特別なものを制作して提供したいですね。今後は、昔取引していた会社に対しても、ARをきっかけに再アプローチしてみようかなと思っています。」
と意気込んでいました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP