トップページ > マーケティングTOP > 事例 > キャラクター販売M社

Case事例

業種:キャラクター販売M社

「日本で知名度ゼロのキャラクターを有名にしたい」
幅広い年齢層にキャラを認知させた施策とは

背景

海外のゲームやアニメキャラクターなどのライセンスを取り扱う会社。グッズ制作やキャラクターグッズショップ、通販サイトの運営やイベントの実施などを行っています。

課題

日本では認知度の低い海外キャラクターをメジャーにしたい。

M社は、外国のさまざまなキャラクターを取り扱っています。ライセンスを取得するキャラクターは年々増えていますが、大きな課題が1つありました。
それは、海外では絶大な人気があるキャラクターであったとしても、日本では知名度が「ほぼゼロ」ということでした。

もちろん、日本でのヒットを見越した「先物買い」ではあるものの、キャラクターの認知度をアップさせる方法に頭を抱えていたのです。
地域イベントとのコラボレーションや著名人を使ったイベントなど、キャラクターを有名にするために実施をしたいものの、知名度が低いがゆえに断られてしまうケースがほとんど。売り込みに苦戦することが多々ありました。

認知度アップのためのイベントを開催するも集客ができない。

M社が取り扱うキャラクターのなかでも特に海外で人気があり、自社としても推したい作品がありました。そのキャラクターはグッズ販売の実店舗も展開。ショップでのイベントも積極的に開催していました。

しかし、想定していた集客数を満たすことができたことはほぼありませんでした。
また、イベントで集客するには企画ありきだとはわかっているものの、毎回同じような内容に……。
M社は、集客できるイベントの企画アイディアをつねに探していました。

課題のポイント
ポイント
自社のキャラクターを有名するための施策を探していた
ポイント
確実に集客できるイベントのアイディアが欲しい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP