トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 電機メーカーY社02

Case事例

業種:電機メーカーY社

「会社案内をリニューアルせよ」
ありふれたパンフが営業ツールに生まれ変わり、
売上げに貢献した方法

解決のポイント
ポイント
全社員に新しいパンレットとARの機能を周知し、理解してもらった
ポイント
紙媒体だけでなく展示会でもARを活用し、受注に貢献した
やじるし

解決

紙媒体に動画を連動する方法として「AR」を採用。

動画と紙媒体の両方を行かせる方法はないのか?Y社は以前から付き合いのある知り合いの動画制作会社に相談することにしました。後日、提案されたのが「AR」でした。

詳しく話を聞いてみると、紙媒体に動画を連動できるというもの。訪問先で話題にできるのはもちろん、閲覧数やページ・コンテンツごとのアクセスログを解析できるため、いままで不透明だった紙媒体の効果を「見える化」できる点も魅力的でした。
「会社の魅力がダイレクトに伝わるようにする」「営業ツールとしても活用できるようにする」というミッションをクリアするにはARがベストな選択という結論にY社は至りました。

全社員に新しいパンフレットとARの機能を周知。

会社案内パンフレットにARを活用することを決めたY社。
早速、Y社の取り組みやビジョン、強みをクライアントの課題解決にどのように活かしてもらえるかを自社の歴史を交えて解かりやすくまとめた動画を作成。また、事業部ごとの取り組みや事例をまとめた動画を作り、紙面の事業紹介のコンテンツにスマホやタブレットをかざすと、映像とナレーションが再生される仕組みに。
ストレスなく、動画を楽しんで見てもらうために品質が落ちないように解像度に配慮したり、パンフレットのイラストが動き出すようなアニメーションを加えたりと、細部にもこだわって構成しました。

しかし、パンフレットをリニューアルしたとしても、社員が知らなければ活用してもらえません。
そこで、社内で開催された100周年記念のセレモニーの際に新しいパンフレットのお披露目とARの機能についての周知をしました。
社員全員にその場で専用アプリをダウンロードしてもらい、ARを体験してもらったのです。
はじめてARを体験した社員も多かったようで、セレモニー会場では驚きのどよめきが起こったそう。
これであればクライアントに自社の強みがストレートに伝わると、営業マンたちは絶賛。
以来、「動くパンフレット」として、クライアントから好評。営業の際にまずは「掴み」として大活躍しているとか。

パンフレットのアクセルログを解析したところ、社員以外のアクセスも多く、営業ツールとしての役目も十分に果たしているようです。
また、自分の所属部以外の事業部を理解できた社員も増え、社外ではもちろん、社内でのコミュニケーション活性化にも活かされています。

大型展示会のブースでARを活用したことで新規案件の受注に繋がった。

Y社は会社案内パンフレットだけでなく電機メーカーが一堂に会する大型展示会でもARを活用することに。
Y社が定期的に出展しているこの展示会では各社、ブースで実際の部品や大型機械を展示していますが、機械の動きや機能をお客さまの前でデモンストレーションしながら説明することはできません。

そこで、商品にスマホやタブレットをかざすと実際に動いて見えるようなAR動画を設定。
デバイスの反応率を高めるために試行錯誤した結果、足元に「ここからかざしてね」という立ち位置のポイントを作りました。
営業マンがお客さまを呼び込むために積極的にデモンストレーションしたこともあり、ブースに訪れたお客さまの半数以上がARを体験し、反応は上々。
商品の説明もいつもよりスムーズにでき、いつもより自社の魅力をしっかりと伝えられたという実感があったそうです。

この展示会でARを活用していた企業はY社のほかにはなく、めずらしさもあったのか、ブースの来場者は前回の2倍に。
来場者の印象にも残ったようで、展示会後の追客の際に「ARで機械が動いていた会社ね」と話がスムーズだったそう。今回の展示会がきっかけで受注に繋がったクライアントもありました。

採用イベントでも活用を計画中。

紙媒体だけでなく、展示会などのリアルイベントなどでもARの活用の場を広げているY社。新しい試みに挑戦したことで営業の効率化になったのはもちろん、新規案件の受注にも繋がりました。
今後は、会社案内以外のさまざまな印刷物や人材確保のための採用イベントでの活用を計画しているそうです。

  • 1
  • 2
PAGE TOP