トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 新聞社K社02

Case事例

業種:新聞社K社

デジタルを活用した媒体価値向上には、
徹底した「◯◯」がカギ?!

解決のポイント
ポイント
紙だけでは伝えきれない情報を継続して提供できたことで、新聞の媒体価値の向上につながった
ポイント
デジタル化の対応だけでなく、営業ツールとしても活用ができた
やじるし

解決

反響の良かったAR。自社でも活用していきたい

デザイン会社からの提案で設定したARは、新聞の広告欄に活用しました。
お祭りの広告にARアプリをかざすと、昨年のお祭りの様子を動画で見ることが出来るもので、実際にARを見た読者からの反響もありました。

ARの広告が好評だったこともあり、企画部長は広告欄だけでなく報道記事でも活用できないかと考え、デザイン会社に相談した後、ARサービスを提供しているスターティアラボ社に問合せることにしました。

話を聞いてみると、AR作成ツール『COCOAR(ココアル)』は自社内で簡単にARを作成できるツールだといいます。容量内ならばARを作り放題なので、制作個数を気にすることなく広告欄や記事写真にARを設定することができます。

ARの反響は一度使ったことで知っていること、また自社内でARを制作できる点に魅力を感じ、COCOARの導入を決めました。

徹底して「継続」する。すると、読者からは嬉しい声が

K社の新聞には、「必ずどこかの紙面にARが設定されている」という状況づくりを徹底しました。
ARをはじめた当初は、再生回数はあまり多くありませんでしたが、毎日続けていくことでだんだんと見てくれている人が増加していることを実感しています。

活用用途としては、企業の広告欄だけでなくコラムやインタビュー、地域イベント記事など、多岐にわたってARを設定しています。
中でも、ARを使ったクイズや、複数のAR動画から言葉を集めて応募する形式のARを設定すると、再生回数が高いこともわかってきました。

読者からは、普段なら載っていても流し読みをしてしまっていた広告も、ARアプリをダウンロードして動画を見ることができると、より身近に感じることができるといった声をいただいています。
その中には「おもしろかったです」や「より深く広告内容を知ることができました」といった感想の他にも、「企業や店舗へのイメージが変わりました」や、「すっかり時代は変わったのですね」といった声もありました。

継続してARを使い続けたことで、「K社の新聞にはARあり」というブランディングができています。

媒体価値があがったことで、企業からも嬉しい反響が

紙面でARを活用し続けていることや、掲載後の反響が大きいこともあり、「ARを使った広告を出したい」という企業からの依頼も増えました。また、今ではK社の営業マンが広告営業をする際のツールとしても活用ができています。

「ARを活用することで、当初の課題だった『新聞の媒体価値をあげる』ことと、『デジタル化への対応』ができたと思っています」と企画部長はいいます。

今後について、企画部長は「地域イベントの企画に関わっている部署もあるので、新しくCOCOARに追加されたGPSやスタンプラリーの機能も活用して、地域の発展に貢献していきたいです」と語っています。

  • 1
  • 2
PAGE TOP