トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社Y社02

Case事例

業種:印刷会社Y社

印刷物の契約が打ち切られるも、
デジタルツールを活用して事業を立て直した方法とは

解決のポイント
ポイント
アクセス解析をもとにPDCAを回したことで、クライアントの売上増に貢献
ポイント
電子ブックの機能を活用し、対応の工数を削減
やじるし

解決

紹介された、印刷物に新しい価値を与えるツール

とある日、別の部署の担当者が展示会に行った際に「良い話を聞いた」と共有してくれました。
それは、スターティアラボ社の提供する電子ブック作成ツール『ActiBook(アクティブック)』でした。
良い話ならば事業部長も聞いてみたいと思い、スターティアラボ社へ連絡すると、すぐに対応してくれました。

詳細を聞いてみると、ActiBookは印刷物のログ情報を取ることが出来ることから、事業部長は印刷物に新しい価値を創造できると確信しました。

また社内のデザイナーからの評判が良かったことや、デザイン性に関しても実際の紙のようにめくれるところが、導入にあたっての大きなポイントでした。

アクセス解析をもとにPDCAを回し、売上増に貢献

あるとき、建材メーカー様から電子カタログの作成依頼があり、Y社で制作引き受けることになりました。

先方の担当者は電子カタログについて詳しく、制作にあたってはカタログ内のリンク設定、動画の見せ方、資料のダウンロード方法など、様々なリクエストがありました。
ActiBookはこういったお客様からの要望にもすべて応えることが出来たことが、受注につながった要因のひとつだと考えています。

制作した電子カタログから取得した情報は、アクセス解析というレポート形式で毎月納品しています。
レポートでは、各ページがどれだけ閲覧されたかという数値だけでなく、Flash・HTML5・アプリ版ではどのフォーマットからの閲覧が多いのか、どんな言葉が検索されているのか、などの情報をまとめています。

さらにY社が納品しているレポートは、建材メーカー様の方で広告戦略の見直しや新商品の開発の際の情報データとしても活用されはじめました。

こういったPDCAを回していった結果、お客様がウェブサイトに電子ブックを公開してから、売上が前年比で2倍以上に伸びたという、嬉しいお話も聞くことが出来ました。

社内の業務効率化にも役に立つActiBook

またActiBookの導入は、Y社内の業務効率化にもつながりました。

今までは、お客様から「カタログに掲載している画像データが欲しい」という依頼があった際には、1件ごと対応していたところ、ActiBookに搭載されている画像切り抜き機能を活用すればお客様自身で電子カタログからダウンロードすることができるため、Y社の大幅な工数削減につながりました。

こうした活用方法が、対応時間を大きく削減させ、日々の業務が効率化したと社内からも喜びの声をいただいているとのことです。

  • 1
  • 2
PAGE TOP