トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社D社02

Case事例

業種:印刷会社D社

企画から印刷までできる印刷会社でも、
新しい事業を始めなければならなかった理由とは

解決のポイント
ポイント
自社で最大限に活用できるツールを選定し、導入した
ポイント
定期的に勉強会を開催し、社員同士でPDCAをまわして改善している
やじるし

解決

営業のフォロー体制を信じて、導入を決意

S氏が情報収集のために参加した展示会では、スターティアラボ社の提供するAR作成ツール『COCOAR(ココアル)』を紹介しているブースがあり、話を聞く機会がありました。
自社内に制作環境を持ち、クライアントに対してARの提供ができる点において、大変魅力的に感じたS氏は、COCOARを使ってみたいという気持ちが大きくなりました。

ARサービスについて調べていくと、たしかに無料でARを作成できるものもあります。
しかしD社の事業として活用していくとするならば、ソフトだけあっても売り方がわからない上に、今まで印刷物の営業しかしてこなかったD社には、デジタルが得意な人たちはそれほど多くないことにS氏は不安がありました。
また、ARを専任して営業していく人を立てられるほどD社内に人が余っているわけでもないので、既存社員が普段の営業活動をおこなう中で、プラスアルファの片手間で営業していかなくてはなりません。

そうした不安がありつつも、COCOARには多くの実績があり、活用していくにあたっては万全のフォロー体制がある会社だと信頼し、導入を検討しました。

ARの設定をきっかけに、印刷物の受注につながった

ARをきっかけに印刷物の受注ができた案件がありました。

S氏がとある機材メーカーに営業に行った際、支店では拠点を移す準備に追われており社内は慌しい様子でした。
そのときに支店長が声を漏らしていたことが、「新しい支店のお披露目式に来られない人にも、支店のことを知ってもらいたい」という悩みでした。
そこでS氏は、時間や距離の関係で支店に来られない人でも、ARを活用すれば解決できると感じ、お客様へ送る移転のお知らせのはがきにARを設定する提案をしました。

はがきの写真にARアプリをかざすと、移転先の事務所の様子を見ることが出来ます。
写真をスライドショー風に編集した動画を設定しており、動画は映像編集が得意なD社の社員が編集したものを使用しています。

ARをかざしたログ情報を見てみると、支店長が予想していた以上の閲覧回数があり、また、地域別でもログが取れるため、支店長には「この地域でも見てくれた人がいるんだ」ということが知れたことに大変喜んでもらいました。
そして今回「お試し」として利用してもらったARですが、次の案件として機材メーカーの新しいカタログの制作を依頼してもらうことにつながりました。

S氏も、ARをきっかけに本業の印刷物の獲得につながったことで、新しい事業の柱としての自信がついたと
話しています。

まずは周知活動をメインに、企画に力を入れていく

ARは、かねてから役に立ちたいと思っていた出版社にも使ってもらう予定です。
毎月発行している音楽雑誌が低迷してきているとのことで、ARを活用して紙媒体から実際の「音楽」が流れる仕組みを付け、少しでも力になれればと話しています。

またCOCOARの導入後は、定期的にD社の営業マンたちを集めて勉強会を開催し、COCOARの使い方から活用案、具体的な案件の進め方などの話をする機会を設けています。
この勉強会にはスターティアラボ社の営業マンが参加することもあり、「どのような企画を立てて営業すれば実現するか」といったブレストをおこないながら、特にD社の顧客に多い出版社に向けたAR企画に力を入れて話し合いを進めているそうです。

S氏は「周知活動は種まきと一緒です。蒔かなければ出る芽も出ません。すべての顧客からARの受注を考えるのではなく、『ニーズがあるかどうか』を探るためにARを活用したいですね」と話しています。
まずは既存の会社に対して「D社でARが作れる」という周知活動を中心として、営業やプレゼンをおこなうことを目標にしているとのことでした。

  • 1
  • 2
PAGE TOP