トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社U社

Case事例

業種:印刷会社U社

印刷物の依頼が減少する中、
デジタルツールを活用して
継続発注につなげた方法とは

背景

U社のある街では人口減少が著しく、企業の数も減少してきていました。
そのため「印刷業」にしぼって営業活動をしていては、事業が成り立たなくなってきていました。

課題

「印刷」にとらわれず、「企業価値を高める」ためのサービスを提供したい

U社の歴史は長く、新聞の印刷事業が始まりました。
時代が移りゆく中で、パンフレットやカタログといったページ物の印刷から、封筒やビジネスフォームなどの印刷も請け負うようになり、今では何でも対応できるようになっていました。

しかし、人口減少とともに企業数も減り、取引していたお客様の中にも会社をたたまなければならない状況になった企業を、いくつも見てきました。
市場のデジタル化も相まって、U社の印刷物の依頼もどんどん減っていき、このまま「印刷業」に特化して事業をおこなっていては、事業が成り立ちません。

そこで、U社の企業方針を再定義することになり、決めた方針が「お客様の企業の価値を高める」ことでした。
U社の提供する「印刷」とは価値を高めるためのツールであって、目的ではありません。
お客様の企業価値を高めるサービスを提供するために、最近では印刷物にとらわれず動画制作やホームページ制作といった、デジタル事業にも力を入れ始めていました。

紙では効果測定ができず、仮説での提案になってしまっていた

デジタルに力を入れているとはいえ、やはりU社のメイン事業は印刷物の提供です。

専務がお客様へ印刷物を提供している中で感じている課題としては、「効果測定」が出来ないことでした。
たしかに紙媒体で効果を測る方法としては、実店舗にクーポンを持ってきてもらい数を集計するといった方法もあります。
しかし、科学的に証明することができないため、お客様への提案のときも、仮説での提案しか出来ていませんでした。

U社ではデジタルにも力を入れ始めていたこともあり、お客様に対してもっと効果的に、科学的に、実証がでる提案がしたいと考えていました。

課題のポイント
ポイント
印刷だけではなく、デジタル分野にも力を入れていきたい
ポイント
紙媒体において効果測定ができず、仮説の提案しかできていなかった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP