トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社O社

Case事例

業種:印刷会社O社

印刷物の提案に根拠を示せるようになった方法とは

背景

地方の印刷会社であるO社は、もともと新聞を中心とした地元で展開する紙媒体を専門とし、印刷業に携わっていました。

課題

過疎化に伴い、減少していく企業数や売上に不安が募っていた。

地元特有の媒体の印刷を得意としてきたO社は、地域の発展や自社の成長にともない、時代のニーズに合わせた商業印刷や総合印刷をも扱えるほどに事業を拡大していきました。
その中で、O社の社長には「印刷とは、取り扱うものの価値を上げるためのひとつの手段にすぎなく、それ単体では成立しない」という考えが根底にあります。
そのため、数年前からウェブ制作や動画撮影といった事業も取り扱うなど、デジタル分野の事業に力を入れ始めました。

しかし、事業を広げたものの現在では地方故に過疎化が進み、人口も減り、会社自体の数も減なくなり、売上もだんだんと下がっていっていました。

紙媒体における効果を測り、提案に実証性を持たせたい。

ここ数年で取り組み始めたデジタル事業は、少しずつではあるものの確実に軌道に乗ってきているという手応えがありました。
デジタル分野を取り扱っていく中で社長が感じ始めていたことは、印刷物においては「効果測定が難しい」という課題でした。

社用は発行された印刷物が目的どおりに活用されたとしても、その効果を目に見える形で証明できないことにもどかしく思っていました。
またクライアントへの提案の際にも、今までの経験に基づいているものの仮説の割合が多いままの提案になってしまっていたため、社長はお客様の立場になって考え、印刷物に対して、またデジタル事業に対しても活用できるような「効果が実感できる」方法を探していました。

そんなとき、チラシを制作している不動産会社とセレクトスーパーの2社から、集客に関する印刷物の依頼が舞い込んできました。

課題のポイント
ポイント
印刷物の効果を目に見える形で実証し、印刷物の価値を向上させたい
ポイント
クライアントからの要望に応えられる施策を提案したい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP