トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社A社

Case事例

業種:印刷会社A社

価格で負ける印刷物の受注…。
印刷会社が危機的状況を乗り切った方法とは

背景

地方の印刷会社A社は、商業印刷を中心として長年事業をおこなってきましたが、印刷物ありきの提案に特化していては、未来が見えないと感じてきていました。

課題

価格以外の部分で、紙の良さを見直してもらいたい

近年では印刷のネット通販が浸透してきており、お客様がわざわざ印刷会社に高い費用をかけて依頼をするより、簡単で安いネット印刷で注文し、依頼先が流れていくことが増えてきました。

A社は、紙には紙にしかない良いところがあると考えています。
しかし、価格でネット印刷に勝つことはむずかしい為、価格以外の部分で、お客様に改めて印刷物の良さを見直してもらい、印刷会社に依頼する理由を再認識してもらいたいという思いがありました。

ライバルではなく、協力会社としてネットワークを広げたい

こうした経緯から、「A社にしかできない取り扱い品目を増やそう」と、新しく印刷機材を購入しました。

するとターゲットとしているお客様以外の、A社の近隣に存在する他の印刷会社やブローカー、デザイン会社などからも、A社にしかできない印刷の依頼が新しく来るようになりました。

A社では、多少の差別化意識はあっても、まわりの同業他社に対して「ライバル会社」という認識ではなく、「協力会社」という位置付けで仕事をしていきたい、仲間としてネットワークを強くしていきたいと感じていました。

課題のポイント
ポイント
ネット印刷に負けないために、価格以外の部分で強みを出したかった
ポイント
協力会社とのネットワークを強くしていきたい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP