トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社S社

Case事例

業種:印刷会社S社

印刷物の減少に歯止めをかけたい印刷会社が、
差別化のためにおこなった施策とは

背景

地方で印刷業を営んでいるS社は、近年の仕事の依頼の減少に歯止めをかけたいと考えていました。

課題

ネット印刷の台頭もあり、会社が変わるときが来た。

S社は昔から地方で印刷業をおこなっており、商業印刷やビジネスフォームだけでなく、小ロット印刷にも対応していました。
しかし、ネット印刷が台頭してきたこともあり、だんだんと価格の勝負では勝てなくなってきていました。

S社はこうした背景がある中でも、印刷物にしかない良さや、対人営業だからこそ出来ることがあると考えており、今後は顧客満足度を上げていくとともに、印刷物にプラスアルファの提案ができるように会社を変えていこうとしていました。

新しく始めた事業も「差別化」には遠く、売上には結び付かず…

今まではBtoBを中心として取引がありましたが、仕事は全盛期から著しく減少しています。

この状況に対応すべく、S社では今まで取引していた顧客の範囲を広げ、BtoCの仕事にも対応ができるように、フォトアルバムやグッズ制作といった事業も始めていましたが、結果はすぐには出ないものでした。
営業マンも新しく始めた事業に試行錯誤をしていますが、既出のフォト事業やグッズ制作といった事業では差別化もしにくく、なかなか売上には結びつきません。

社長は今までS社がおこなっていた既存の事業に対して、何か一工夫加えられるアイディアがないかと情報を集め始めました。

課題のポイント
ポイント
ネット印刷の台頭もあり、S社への印刷依頼が減少していた
ポイント
差別化のために新しい事業を始めたが、なかなか売上に結び付かなかった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP