トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社P社02

Case事例

業種:印刷会社P社

衰退する印刷業界…。
安く印刷物を提供している現状から変わりたい

解決のポイント
ポイント
印刷物と合わせて付加価値を提供することができた
ポイント
すぐにお客様の要望に応えられたことが受注につながった
やじるし

解決

自社内で制作環境を持つことに、メリットを感じたAR。

とある日、社長がいつものように郵送物をチェックしていると、ARについて書かれたダイレクトメールにふと目に留まりました。
社長自身、ARを開発しようとしてあまり上手くいかなかったこともあり、汎用アプリを活用してARを提供できるシステムに興味がわき、問合せることにしました。

COCOARを提供しているスターティアラボ社から詳しく聞いてみると、自社で制作環境を持つことで、社長が一番ネックに感じていたお客様からの要望に即時対応ができる上に、手軽にサンプルを作成できるようになります。
またお客様へ提供する際の値段も、開発するよりはるかに安く提供できることに魅力を感じ、導入を検討しました。

興味のあるファンは、ダウンロードの手間なんて惜しまない。

P社が初めて提供したARは、地元アイドルのステッカーにて活用されたものでした。

社長が商工会議所との打合せがあったタイミングで、ARについて紹介してみると、興味を持ってくれた方がいました。
その方は地元アイドルのプロデュースに携わっており、ぜひプロモーションのひとつの方法として活用してみたいと気に入ってくれたのです。

ライブ会場で配布されるステッカーにARアプリをかざすと、ARのために撮影されたメンバーからのメッセージ動画を見ることができるという仕掛けでした。

担当者は、はじめは「本当にアプリをダウンロードしてまで見てくれるだろうか」と不安だったそうです。
ところがARのログ情報を見てみると、会場に来た人限定で配布した枚数の6割ほどのアクセス数があったことが分かったのです。
この結果には、社長も「ファンや興味を持ってくれた人は、特典を見るためにダウンロードをしてくれる」ことを実感したそうです。

AR付きのステッカーの次の計画としては、グッズや会報誌といった部分でもARを活用したいという話があがり、企画をしている最中とのことでした。

スタンプラリーへの参加率も高く、満足度は上々。

P社は商工会議所とのつながりが強くあったこともあり、商工会が開催する産業展にも何度か出展していました。
産業展は市内の工業に携わる企業の素晴らしい技術や製品を紹介するブース、市内で生産された農作物や海産物を使ったフードコーナー、市の伝統工芸の実演や体験コーナーなど、市内のあらゆる企業が集まり開催されています。

この産業展で今年はスタンプラリーを開催する予定という話を聞き、社長は「今年は挑戦してデジタルスタンプラリーをやってみませんか?」と提案することにしました。
産業展は市内の企業を知ってもらう目的で開催していることもあり、新しい試みとしてのデジタルスタンプラリーを快く実現してくれることになったのです。

今回のスタンプラリーは、会場内の様々な場所に9つのパネルを設置し、そのうちの5つのARスタンプを集めるとくじ引きに参加できる引換券と交換できるという仕組みでした。

ログデータを見てみると、ARラリーに参加したお客様のうちの7割がスタンプを集めて引換券と交換していることが分かりました。
この結果には商工会の担当者も予想以上だったと好評をいただきました。

すぐにサンプルを用意できたことが、活用される大きなきっかけに。

産業展でARを活用した反響は大きく、出展していた他の企業から「自社のパンフレットから動画が再生される仕組みを付けたい」という問合せをもらうことにつながりました。
打ち合わせの段階からクライアントの素材を使ってサンプルを制作できたことで、より活用のイメージを持ってもらうことができたことで、製品パンフレットから機材が動いている様子が見られるARの設定が決まったとのことです。
この映像制作は、P社の社員が勉強して制作できるようになり、初めて提供する映像でした。

現在は印刷物やARを提案するだけでなく、映像プランも合わせて作ったところ、以前よりも製作依頼が増えた上に、自社からも提案がしやすくなったとのことです。
社長は自社でARを制作できるという環境はとても大きなメリットになるとのことで、これからも様々な会社に対して、印刷物もARも安価に提供できることを強みに提案を続けていきたいと話していました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP