トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社R社

Case事例

業種:印刷会社R社

縮小する印刷業界…。生き残るために
「普通の印刷屋」のイメージを脱却した方法とは

背景

R社は近年の仕事の減少に危機感を感じ、新しいことに挑戦していきたい、現状から変わりたいと考えていました。

課題

門前払いはされたくない。「印刷物」以外の新規開拓のツールがほしい。

印刷市場の縮小もあり、R社では仕事が著しく減少していたことに加え、全盛期の頃よりも社員の人数が大幅に少なくなっていました。
R社では「新しい取引先を広げていくこと」も大切だと考えている中、既存のお客様をまわることに営業マンのリソースがいっぱいに割かれていたため、別の方法としてウェブサイトからの集客に力を入れていました。

もちろん営業マンが直接、新規開拓のために飛び込むこともありましたが、お客様先に訪問する際に「印刷物」の話では耳もくれず、門前払いされてしまうことが多くあったことも事実です。
そのため、社長は営業の際に話のきっかけになるような営業ツールがほしいと考えていました。

R社に対する、お客様の「普通の印刷屋」の認識を変えたい。

また印刷市場が小さくなっていく中で、今後もR社が事業を続けていくためには、お客様に「普通の印刷屋さんではない」という認識が広がるだけでも違うと考えました。
そのため社長は、印刷業と関連した事業で、且つ本業も伸ばしていくことが出来る営業品目を増やすために、様々な情報を探していました。

課題のポイント
ポイント
新規営業の際に、話のきっかけになる武器が欲しい
ポイント
他社との差別化をし、お客様に「普通とは違う印刷屋」を印象付けたい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP