トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社V社02

Case事例

業種:印刷会社V社

紙媒体だけでは淘汰されてしまう…
不安感から抜け出すために起こした行動とは

解決のポイント
ポイント
積極的に交流会に参加し、出会いの機会を増やしていった
ポイント
お客様と信頼関係を築くためのフックツールとして活用した
やじるし

解決

差別化ツールとして活用したいと感じたAR。

漠然と「差別化ツール」を検討していたE氏は、展示会で出会った会社からARの紹介があり、実際にデモ画面を操作してみると、制作する側としても閲覧するユーザーとしても使いやすいと感じ、またE氏が求めていた紙媒体以外の差別化として合致していると感じ、導入を検討しました。
E氏は現在は「AR室長」と銘打って、営業活動をおこなっています。

新たな出会いの場として、積極的に交流会への参加を始めた。

新たなツールも導入し、心機一転したE氏は人脈を広げるための場として、企業パーティーに積極的に参加するように行動を変えました。

その中で、以前から名刺の印刷で付き合いのあった市長と話をする機会があり、その際に新しく始めたサービスとしてARを紹介してみると、市長はその動きに驚き、また気に入ってくれた様子で、自身の名刺から動画が見れるように設定してみたいと話してくれました。
またせっかくARを設定するならば、名刺のデザインも一新したいと話は膨らみ、V社に改めて制作依頼をいただけることになり、結果として既存顧客の掘り起こしにつながりました。

新規顧客の開拓ツールとしても貢献。

当初は既存顧客の掘り起こしのための差別化ツールとして導入しましたが、E氏が提案を進めていくうちに新規獲得のツールとしても使えると感じ、提案を進めていきました。

その中で、ARは交通安全協会で活用していただいています。
活用に至ったきっかけは、E氏が積極的に参加し始めた企業パーティーのことでした。

とあるパーティの会場で隣の席に座った方といつものようにARの紹介をしながら名刺交換をすると、警察庁の理事の方と知り合いました。
普段は興味を持ってくれたとしても、なかなか具体的な話までつながることは多くありませんでしたが、理事はARに興味を持ってくれ、後日、商談の場を設けてくれることになり、「ARをどこかで活用したい」という言葉をもらいました。

中でも「交通安全協会のロゴマーク」で活用してもらった経緯としては、
「県内の免許保有者に向けて印刷しているパンフレットを年に4回ほど刷り直しているコストや労力があるならば、ARから情報を配信して、刷り直すことなく届けたい人に情報を届けていきましょう」
というE氏の提案が刺さり、活用いただくことになりました。

交通安全協会様でもARを活用いただいたお話はV社の強みにもなり、他のお客様へ提案する際にも交通安全協会にも使われたという名前を出すことで、信頼を勝ち得ることができるようになってきたとのことです。

自分の行動を変えられたことが、一番大きなポイント。

その後、ARをきっかけに付き合いの始まった交通安全協会とは、新たなキャンペーンチラシを制作する際にV社を選んでもらうことにつながったとのことです。

E氏はこの結果を振り返って、自分から積極的に企業と知り合える場を増やすために行動できたことが大きなポイントだと話しています。
今後はさらにARをきっかけに取引先を増やしていくこと、さらに既存のお客様には、新しいサービスとしてARを提供していくことを目標として、営業活動をしていきたいと話していました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP