トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社H社

Case事例

業種:印刷会社H社

特出した印刷技術をまったくPRできていない…
新しい営業の顔として自社の強みを打ち出したい

背景

H社は特殊印刷に強みを持っており、企画から印刷までH社内で完結できることが強みでした。
中でも表面加工の特殊印刷にはこだわりを持っており、多くのお客様からその品質に高い評価をもらっていました。

課題

実際に見てもらわないと、なかなか伝わらない魅力…。

特殊印刷の品質に自信を持って強みを伸ばしてきたこともあり、H社の良さを知る人にはリピーターとなって活用してもらっています。
しかし弱みとして、新しいお客様に対してH社の魅力を伝える際には、訪問をして実物に触ってもらわないとその良さが伝わりづらいという点がありました。

増えてきた地方のお客様。会社としてどこに費用をかけるべきか…

一方で、ご利用いただいているお客様がH社を紹介して広めていってくれることもあり、最近では地方のお客様からの注文が増えてきていました。
専務は今後、増えてきた地方のお客様もフォローしつつ、また新しい取引先の開拓をしていきたいと考えるようになりましたが、営業マンを地方へ出張させるとなれば費用がかかります。

会社としてどこに費用をかけていくかという様々な選択肢の中で、営業マンの地方出張、新しい営業マンの採用、地方への拠点の設置、ウェブサイトの改修など、選択が迫られていました。

課題のポイント
ポイント
実際に見てもらわないと、なかなか魅力を伝えられていなかった
ポイント
地方のお客様に対しての営業活動を強めていきたい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP