トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社A社02

Case事例

業種:印刷会社A社

印刷物以外に
お客様先へ出向く理由が見つからない…。
訪問する理由を作れた方法とは

解決のポイント
ポイント
お客様との関係性を深めるためのツールとして活用
ポイント
アクセスログを活かすことで、お客様先への定期訪問へ繋げた
やじるし

解決

A社が目指す方向性と合致していると思い、導入を検討。

新聞や商業印刷などの紙媒体の他に、何か新しいことができないかと情報を集めていた社長は、とある展示会を訪れました。
すると、当時電子ブックの提案を受けていたスターティアラボ社が新商材『AR』の紹介で出展していました。

詳しく話を聞いてみると、新聞の写真が動き出すような仕掛けを自社内で作れるようになること、さらに営業ツールとしての活用も目的として開発されたとのことで、社長は今後A社が目指していこうとしている新聞以外の制作物を増やしていく方向性と、営業マンの話のネタになるツールだと感じ、導入を検討しました。

これから関係性を深めていきたい取引先との架け橋に。

A社の営業マンは最近新聞でつながりのあった取引先から紹介してもらい、専門学校のパンフレット制作を新しく受注しました。
営業マンは今後、専門学校との関係性をより強固なものにしていきたいと考えていたため、さっそくARを提案しました。

専門学校は看護師を目指す学生に、もっと学校のことを詳しく知ってほしいという思いと、「看護師」という職業を目指す後押しをしたい思いから、パンフレットにARアプリをかざすと戴帽式の様子を見られるように設定しました。
後にこのARを分析してみると、パンフレットに設定したどのARをよりもアクセス数が多く、また学生からは「看護師を目指す意欲が上がった」といった反響もありました。

こうした声もあったことから、専門学校ではもっと有効的にARを活用したいと、動画データをA社に持ち込んでくるほど活用への意欲が高まっているとのことです。
現在は「次年度ではどのようにARを見せようか」とA社と打合せを進めているとのことです。

薄かった関係性から、新規発注・定期訪問ができる関係を作ることに貢献

A社では、とあるアパレルメーカーのセールの際の値札POPを印刷していました。
アパレルメーカーは、値札印刷の注文先は3社の中からタイミングの合った印刷会社に注文していたようで
、つながりはあったものの関係性がつくれている取引先ではありませんでした。
そこでA社の営業マンは、さらに関係性を深め、自社をなるべく選んでもらい、さらには値札POP以外の印刷物でもつながりを持ちたいと考え、ARの紹介をしてみました。
するとアパレルメーカーの担当者は、紙媒体から動画や画像を見せる仕組みをとても気に入った様子で、自社での活用アイディアがどんどん湧いてきていました。

たくさんのアイディアの中で、アパレルメーカーで実現可能だと話を進めた案件としては、売り出し予定のシーズン商品をピックアップしたリーフレットを作成し、ARアプリをかざすと試着ができる仕組みでした。
このARでは、同じ服でも色違いを試したい、店舗に行かなくとも自分に合わせたいといったメーカー担当者がお客様からよく聞く悩みを解決するために制作されました。

実際に活用してみると、ARはチラシの配布数に対して1%以上の閲覧数があったことがログを解析したことで判明し、この結果にはアパレルメーカーの担当者も驚いていました。
値札POPとのつながりから、ARをきっかけに新しくシーズンリーフレットの制作の受注につながり、また次のシーズンのリーフレットでも活用するべく、定期的に話し合いの場が設けられ、企画を進めているとのことでした。

当初の期待以上に活用ができ、今後は提案力に磨きをかけたい。

社長は当初目的としていた営業マンの話のネタとしての活用だけでなく、ARをきっかけに新しい仕事につながっていることもあり、導入した価値はあったと話しています。
また「今後は提案力に磨きをかけて、もっといろいろなお客様にARを活用してもらいたいですね」と意気込んでいました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP