トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社U社

Case事例

業種:印刷会社U社

「デジタル分野に取り組んだものの、
営業は印刷の話ばかり…。
とある方法で、意識が変わった。

背景

地方の印刷会社U社は、紙媒体だけの取扱いだけでは生き残っていけないと考え、電子ブックやウェブ制作、AR、動画制作といった様々な事業を始めていました。

課題

魅力を感じて導入したものの、ほとんど活用できておらず…。

印刷だけではダメだと感じて始めた新しい商材やサービスでしたが、実情を見てみるとU社の営業マンはずっと扱い続けてきた「印刷物」しか提案ができていませんでした。

営業マンは既存のお客様周りの仕事が忙しく、なかなか新規営業に注力できなかったことも理由のひとつとしてありますが、会社として新しく始めた事業に対して事業部を作ったり、専任の営業担当者を割り当てたりといったことができていなかったため、印刷営業の片手間になってしまったことも、活用ができていない一因です。

そのため営業マンとしても、新しい商材を「どう活用すれば効果的か」といった深い話もアイディアも思い浮かばず、今まで慣れている印刷の提案ばかりになってしまっていました。

変わりたいと思うものの、時間もコストもなくうやむやに…。

社長は、導入の際は「ARを活用していきたい」「動画の受注を増やしたい」と考え、商材にも魅力を感じて導入していたものの、結局使えていない、提案ができていないという現状を変えていきたいと考えていました。

しかしちょうど繁忙期ということも影響し、通常業務をおこなっている中で新たに時間を作り出し、少ない時間で導入商材に関しての革新的なアイディアが思いつくほど勉強時間を取ることができず、また専任チームを作ることも新たに人を雇うほどのコストもなく、社内でもどう活かしていけばいいのか足踏み状態が続いてしまっていました。

課題のポイント
ポイント
新しいことを始めたものの、結局印刷の営業しかできていなかった
ポイント
活用のために体制を整えようとするものの、時間もコストもなく動けていなかった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP