トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社T社02

Case事例

業種:印刷会社T社

下請けから脱し、
継続的な紙の仕事につなげた方法とは

解決のポイント
ポイント
直販を増やすためのフックツールとして活用し、受注に至った
ポイント
ARの制作だけでなく、本業の印刷物の獲得につながった
やじるし

解決

思いもよらない好反応。実は他社からも提案を受けていた

支店長は特殊印刷物の制作で、付き合いのあった大手食品メーカーのところに行く機会がありました。

この案件は、新入社員と同行して進めていたものでした。
当時、新入社員の教育の一環としてARの活用方法について話をさせていたこともあり、今回の案件でも食品メーカーの担当者に対して、ARの紹介をおこないました。

すると、担当者はARに対してとても反応よく、話を聞いてくれました。
なぜ興味を持ったのかについて理由を聞いてみると、実は食品メーカーの担当者は、T社がARの話をしたその日の午前中に、他社からARを使ったキャンペーン企画の提案をされていたというのです。
その際の提案はARをシステムから構築するものだったため、価格は一千万円単位の見積もりを出されており、企画の実現は厳しいと感じていたところだったとのことです。

一方、T社が提案したARは桁違いに安く提供することが出来ます。
食品メーカーの担当者は、T社のARを活用し、キャンペーン企画を実施することになりました。

商品パッケージに活用したことで、販売促進にも貢献

ARを活用したキャンペーン企画の商品は、SNSや動画サイトでも大きく話題となりました。

商品には、とあるキャラクターとコラボした「ARカード」が封入されています。
カードが何種類もあると「集めること」が目的になりますが、ARを活用することで「集めたあと」にも楽しみが待っており、新たな価値を生み出すことができています。
この企画の反響が大きかったことから、第二回、第三回と続いていき、何度も追加発注をいただくことにつながりました。

また食品メーカーの別企画でも、ARの活用は広がっています。
2種類の商品のパッケージにARを設定しており、商品それぞれのパッケージに描かれたイラストを合わせ、ARアプリをかざしてみると、組み合わせによって12種類の物語動画を見ることが出来るという企画でした。

このキャンペーンでは「2種類を合わせる」という仕掛けをしたため、結果的に商品の販売促進にもつながったと、大変喜んでいただいた企画となりました。

マーケティング力を高め、さらに顧客を増やしていきたい

食品メーカーからの依頼はARの制作だけでなく、印刷物も含めた受注に至っています。
ARをきっかけに本業の印刷物の仕事を獲得できたことから、支店長にも大変喜んでいただいています。

支店長は今後の目標として、ログ情報を活かしたマーケティング部分をさらに強めていき、紙メディアによる印刷物と付加価値の提案T社の強みとして、直取引を増やしていきたいと意気込んでくれています。

  • 1
  • 2
PAGE TOP