トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社T社

Case事例

業種:印刷会社T社

下請けから脱し、
継続的な紙の仕事につなげた方法とは

背景

T社は代理店や印刷会社との取引が多く占めており、そこから依頼される形で印刷物を制作していました。
そのため、T社の売上は取引先からの仕事量や業績などに左右されており、自分たちで売上を伸ばしていくためのコントロールがあまり出来ていませんでした。

課題

下請けから脱し、直取引を増やしていきたい

特殊印刷の技術を武器に他社と差別化を図ってきたT社は、その印刷の美しさや機能性において、他の印刷会社や広告代理店から一目置かれる存在でした。

しかし、印刷物の単価は年々下がっており、下請けで仕事を獲得しているT社の利益率も下がってきていました。
支店長はこの状況を改善するために下請けから脱したいと考えていました。


支店長は直販を増やしていくために、自分たちで展示会に出展したり、新規でテレアポをおこなったり、外部コンサルタントの力を借りて営業指導をおこなったりと、会社が変わるための施策を探し、また実行していました。

あらゆる情報を集めていく中で、スターティアラボ社のAR作成ツール『COCOAR(ココアル)』についての話を聞く機会がありました。

AR(=拡張現実)の技術は、紙とデジタルをつなぐツールとして魅力的に思っていました。
しかし、当時は導入コストに見合った案件をつくっていけるかの見通しが立っていないことと、またCOCOARで出来る機能が限られており不十分だと感じたことから、導入を見送っていました。

導入していた『COCOAR』も、実は活用しきれておらず…

支店長がCOCOARの話を聞いてからしばらく経った頃、本社の方で「特殊印刷の強みとデジタル分野を伸ばしていくためにCOCOARを購入した」という話を聞きました。

しかし、本社でのCOCOARの活用方法の話を聞いてみると、実はあまり活用ができておらず、ARに関する受注には至っていないという状況でした。

支店長は、せっかくCOCOARを導入したものの十分に活用できていないことに憤りを感じ、自分がARの実績を作るしかないと一念発起し、支店でのARの営業活動に力を入れていくことにしました。

課題のポイント
ポイント
直販のクライアントを増やしていきたい
ポイント
本社でCOCOARを導入するも、あまり活用しきれていなかった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP