トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社J社

Case事例

業種:印刷会社J社

印刷だけでは生き残れないと、
差別化のために導入したARはうまくいかず…。
成功できた方法とは

背景

今年で創業40年を迎えるJ社は、地方の印刷会社です。
時代のデジタル化にともない、印刷業界に陰りが出てきたのを感じていました。

課題

印刷だけでは厳しい時代に。印刷物の付加価値をつけたい。

当時、世の中のWEB・デジタル化が進むにつれて、印刷業界に全体に陰りが出ていました。
J社の売上に影響はまだ出ていませんでしたが、「印刷だけでは生き残れない」という、強い危機感を抱いていたそうです。
J社は、印刷物の付加価値になる商品、ツールを探すためにセミナーに出席したり、展示会に参加をして情報を収集していました。

ビジネスの可能性を感じてARを導入するもコストパフォーマンスが悪い

さまざま情報を集めた結果、ARは印刷物と連動でき、汎用性が高いということに注目しました。
実際、まだ少数でしたが導入している印刷会社も。出遅れてはいけないと、J社もAR作成ソフトを導入しました。

しかし、導入はしたものの、実際にそのソフトを使用してみると、汎用性が低く、画像の認識もしにくいという難点が…。
さらに、営業用にサンプルを作りたくても、追加料金が発生するという点もネックになっていました。
競合他社との差別化になる商品として活用していきたい気持ちはおおいにありましたが、コストパフォーマンスの悪さは会社としても目をつぶることはできない問題でした。
実際のところ、ARを使った案件を受注することはできていませんでした。

課題のポイント
ポイント
印刷物の付加価値をつけて、業界で生き残るための方法を探していた
ポイント
ARを導入したもののコストパフォーマンスの悪く活用しきれない
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP