トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社T社

Case事例

業種:印刷会社T社

新規も既存も離したくない!
「印刷だけ」のイメージを払拭できた方法とは

背景

T社は、青写真の複写印刷から始まった老舗企業です。複写印刷から、マニュアルや学参関連の印刷へ業務を拡大してきました。
企画・制作・デザインから印刷・加工まで自社ですべて対応できる一貫生産体制をとっています。

課題

「印刷するだけの会社」。そのイメージを払拭したい。

T社は、創業から約70年の業務実績を持つ印刷会社です。
会社名に「印刷」という文字が入ることからわかるように、青写真の複写印刷から始まり、マニュアルや学参関連の印刷へ業務を拡大してきました。

現在は企画・制作から印刷・加工まで自社ですべて対応できる一貫生産体制をとっていますが、「街の印刷会社さん」「紙に印刷するだけの仕事」といったイメージを持たれていることが多く、昔からの顧客は多いものの、新規顧客の開拓が課題となっていました。

新規はもちろん既存の大口顧客にも提案できる商品がほしい

世の中のウェブ・デジタル化の影響で、印刷業界の売上は低迷していました。
T社は印刷以外にも企画・制作・デザイン、編集、管理と、自社で一貫生産できるという、他社とは違う強みをもっています。

しかし、いまのデジタル化した世の中に求められているようなコンテンツや商品は自社にありませんでした。「印刷するだけ」という会社のイメージを払拭すると同時に、ウェブ化、デジタル化を検討していました。老舗の企業とはいえ、時代のニーズに合わせなければ、生き残れないのではないかという危機感を強く持っていたのです。

新規顧客はもちろん、既存の大口顧客に新たに提案できる商品がなければ、顧客が離れて行ってしまうのではないかという不安がありました。

課題のポイント
ポイント
「印刷するだけの会社」というイメージを払拭したい
ポイント
新規取得・既存顧客を離さない商品が欲しい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP