トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社M社

Case事例

業種:印刷会社M社

紙の提案ではお客様の興味を引き付けられず…。
新しい取引に貢献した方法とは

背景

印刷会社であるM社は、シール印刷の事業をメインとしています。
最近では、業界全体で紙の需要が少なくなりつつある状態を不安に思っていました。

課題

紙の印刷が減っている。デジタル分野に参入したい。

M社は、業務のメインであるシール印刷や紙印刷の注文が取りづらくなっていました。
全体的に業績が伸び悩み、印刷会社としてこのままではいけないと思うようになります。

またM社は、同業他社が次々にデジタル事業へ手を広げているように感じていました。
自分たちはデジタル事業へ参入していないため、他社との差別化がはかれていないどころか、一歩リードされてしまっている現状です。
少なくとも、印刷会社として他社と同じフィールドに立たなければならないと考えました。

そのためM社は、これまで関わってこなかったデジタル事業に参入し、本業である印刷事業を盛り上げていくために何が必要かを模索することになりました。

新規開拓の際に、お客様の関心をひくことができない。

M社は自社の業績が伸び悩んでいる原因を社内で話し合ったところ、デジタル事業へ参入していないことの他にも問題があると考えていました。
新規開拓をおこなう際に、多くの社員たちの間では「印刷だけの提案しかできないと思われてしまい、話も聞いてもらえない」という現状がありました。

M社の営業部長は、「どうすれば、自分たちが印刷会社としてお客様たちから興味を持ってもらえるようになれるだろうか」と悩み、自社に合った営業方法について情報を集めることにしました。

課題のポイント
ポイント
右肩下がりの依頼に歯止めをかけるため、デジタル分野に進出したい
ポイント
顧客の興味を引く提案ができず、新しい取引につながらない
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP