トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社L社02

Case事例

業種:印刷会社L社

付き合いだけでは選んでもらえない…。
印刷会社のとある提案がきっかけで、
受注につながった方法とは

解決のポイント
ポイント
読者層に合わせた施策を講じ、商工会議所の要望に応えた
ポイント
地域に密着してきたい会社だからこその提案をした
やじるし

解決

印刷物に付加価値をつけて競合と差別化。

学生向けの印刷物を効果的に見せるためのベストな方法とは何なのか。
L社は、さまざまな方法を検討した結果、「AR」が良いのではないかという結論に。
ARの開発会社に詳しい話を聞いたところ、「紙媒体に付加価値を与えられる」という点に非常に魅力に感じました。
老舗の会社とはいえ、時代の変化に合わせて、変わっていかなければ生き残れないことはわかっていましたし、今後、必須と考えていた「印刷するだけはなく、印刷物に付加価値をつけて競合と差別化すること」。
この考えにまさにマッチすると考え、AR作成ツールを導入することを決定しました。

クライアントや商品の魅力を伝えるためにARを最大限に活用。

デジタルツールを導入したL社は、商工会議所の冊子でARを活用しました。
地元への就職を誘致するために学生向けに配布する冊子にARアプリをかざすと、企業や店舗の紹介動画が再生されるというものです。
企業のPRのために動画を設定しましたが、ただそれだけでは面白味がない、読み手にメリットがないと考え、スタンプラリー機能も応用することに。
店舗の動画を視聴すると、割引クーポンをもらえるという仕掛けにし、来店も促せるという、読み手も店舗もお互いにメリットがあるスキームが完成したのです。

さらに、この冊子に掲載されていた飲食店から、自分の店の販促にもARを活用してみたいという問い合わせがありました。
L社は早速、料理を紹介するパンフレットにARで動画を設定するプランをクライアントに提案しました。
観光客にとても人気の料理ではあったものの、食べ方が特殊だったため、文字と写真だけでは伝わりにくいと、以前からL社も気になっていたのです。
料理の食べ方だけでなく、地元の民謡も再生できるようにしました。
単に郷土料理の紹介をするだけでなく、地域の魅力を知ってもらうことで、地域貢献・活性化も考慮したのは、長年、地域に密着してきたL社ならではの提案でした。
クライアントだけでなく、海外からの観光客にも非常に好評だったこともあり、パンフレットは増刷となりました。

ARがきっかけで新規顧客の獲得に。

ARを活用した提案がすべて受注できたわけではありません。しかし、ARの話をしたことがきっけかになり、既存のクライアントから追加発注をもらったり、興味を持っている別のクライアントを紹介してもたったりと、自社の業務拡大や必須と考えていた「印刷するだけはなく、印刷物に付加価値をつけて競合と差別化すること」実現することができたL社。
今後も、人との縁を大切にしながら、未開拓の業界へも業務を拡大していくことを目標としているそうです。

  • 1
  • 2
PAGE TOP