トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社B社

Case事例

業種:印刷会社B社

紙媒体の広告出稿がどんどん減っていく…。
マンパワーが足りなくても売上をアップできた理由

背景

B社は地方都市を拠点とする、少数気鋭の印刷会社です。印刷に関する業務を幅広く展開しています。

課題

他社との差別化や広告主に出稿してもらう付加価値がほしい。

B社は、ハガキやチラシ、パスター、広報誌など、さまざまな印刷物を手がけてきましたがここ数年、案件は年々減少していくばかりでした。
世の中のデジタル化の影響で多くの企業が紙の広告を出さなくなったことに印刷業界に影を落としていました。
現在、主力になっている案件の1つが自社で発行している地域情報誌でした。
企業からの広告収入を目的としている雑誌であるものの、徐々に出稿数が減っていることにB社は危機感を感じていました。
ウェブ広告と違い、企業側に広告の効果がわからない点をクリアにすることや出稿してもらう付加価値や競合との差別化を明確にしていかなければ、雑誌の未来はありませんでした。

小さな会社でも使いこなせる新しい武器が欲しい。

良くいえば少数気鋭であり、マイナス面をいえば小規模であるがゆえにマンパワーが足りないB社。
それでも長年やってこれたのは、印刷だけでなくデザインの提案も同時にしてきたことや小規模の会社だからこその小回りの良さでスピーディな対応や納品がクライアントに喜ばれていたから。
減っている売上げをカバーするために、他社にはない新しいサービスを導入し、新規への営業も強化していかなければいけないとは考えてはいたものの、現状の業務をこなすことで社員全員が手一杯というのが現状でした。

課題のポイント
ポイント
クライアントが広告を出したくなるような付加価値が欲しい
ポイント
現状の業務をこなすことで手一杯でマンパワーが足りない
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP