トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社X社

Case事例

業種:印刷会社X社

「刷る」以外の事業としてARを始め、
継続受注につなげた方法とは

背景

伝票などの帳票を中心として印刷を展開しているX社のクライアントには、保険会社やアパレル関係が多くいます。
昔は新規開拓もしましたが、長年続けていることもあって既存のお客様も固定化されており、現在は紹介で仕事をもらうことが多くあります。

課題

始めなければ、と実感する「紙を刷る」以外の事業

X社は、長年磨いてきた印刷技術の高さで多方面から信頼されており、特に色の細かな違いを出すことに長けていることから、アパレル関連やデザイン系の印刷物の依頼を受けることが多くありました。
しかし、印刷物のデザイン等は協力会社に頼んでおり、基本的には「刷ること」がメイン業務となっています。

X社のクライアントは大手のお客様が多く、また仕事の紹介を受けることが多くありましたが、営業部長はこれから先のことを考えると、このまま「紙を刷る」業務だけではやっていけないと感じていました。

また、営業部長の知り合いの会社では、「大口顧客だったクライアントから突然契約を打ち切られた」という話も聞いていたため、X社でも他人事ではなく、これからは新規クライアントを獲得していいかなくてはならないと考えていました。

協力会社がすでに導入しており、外注をするも効率が悪く…

営業部長が今後について漠然と考えていたときに、とある展示会で名刺交換をしたスターティアラボ社から連絡があり、展示会でも紹介されたAR作成ツール『COCOAR(ココアル)』について話をされました。
詳しく話を聞いてみると、印刷物に付加価値を提供できるツールで、印刷物を取り扱っているX社の強みを活かしつつ、新規開拓の営業ツールとしても活用していけると、営業部長はとても魅力的に感じました。

しかし、始めるにしてもX社にいる営業の人数があまり多くないことから、一度、協力会社や代理店などに話を聞いてみることにしました。
すると、X社の協力会社ですでにCOCOARを導入している会社がいたのです。

嬉しい話を聞いた営業部長は、AR案件があった場合は協力会社へ外注する形をとることにしました。
しかし、いざAR案件ができて制作の発注をしてみると、やはり協力会社といっても、X社自身でサンプルが作成できないことや、制作に関する稟議書の手配、いつまでに納品してもらうかといった様々なやりとりが発生し、とても手間がかかっていました。

課題のポイント
ポイント
「印刷」以外の業務を始め、新規顧客の獲得を進めたい
ポイント
AR案件が出来ても自分たちで作成することができず、手間がかかっていた
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP