トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 印刷会社Z社

Case事例

業種:印刷会社Z社

ほぼ「売上げゼロ」の電子ブックツール。
売上げが2倍になった方法とは

背景

Z社は関東を中心に、数カ所に営業所を展開する印刷会社。長年の業務実績で培った印刷のノウハウや企画から編集、デザイン、加工までをワンストップで行う一貫管理体制に定評があります。

課題

電子ブック化ツールを導入したものの受注はほぼゼロ。

Z社は印刷だけでなく、企画やデザインなども自社で行う体制を整え、順調に売上げをアップさせていました。
しかし、時代は流れ、世の中のデジタル・IT化が進むにつれて印刷業全体の売上げは低迷……。Z社もその影響を徐々に受けはじめていました。
Z社はデジタル化に対応できる商品、ツールを持っていなかったため、早急に導入する必要性を感じ、当時流行りはじめていた「電子ブック化ツール」をすぐに導入。
クライアントに対して選択肢を増やすことで、受注が増えると踏んだのです。

しかし、導入しただけでは売上げが立つことはなく、依頼があれば制作はするものの、その依頼は月に1件あるかないかという状況でした。
印刷の売上げは減少しているとはいえ、会社全体の売上げはまだ紙媒体がメイン。
積極的に電子ブックを売っていく営業スタイルではなかったため、大きな利益を生むことはできていなかったのです。

クライアントの要望を実現するためのベストな方法とは。

ある時、Z社は以前からお付き合いのある大手自動車メーカーと印刷物の打ち合わせをしていた際に、話の流れで電子ブック化の相談を受けました。
クライアントの要望は、年に2回発行している技術論文集に掲載されている論文のコンテンツを電子化し、全世界の社内エンジニア向けに公開したいというもの。
「論文を電子化して配信することで、エンジニア同士の交流を深めて技術の向上に貢献したい」というのが、先方が考える企業としての将来のビジョンでした。

すでに存在するコンテンツを電子ブック化することは簡単です。
しかし、限られた社員だけにしか閲覧できないようにすること、そしてユーザー同士の交流を可能にするには、ただ電子ブック化するだけでは、不十分だと感じました。
Z社はクライアントの要望とビジョンを実現するための方法を探すことに。

課題のポイント
ポイント
電子ブック化ツールを導入するも利益が少なかった
ポイント
限られたユーザー限定に配信できるベストな方法を探していた
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP