トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 制作会社D社

Case事例

業種:制作会社D社

フリーペーパーを、
アプリ内でも同じように見せたい。
制作工数を減らしつつ、実現した方法とは

背景

D社は、クライアントである量販店の店内フリーペーパーの媒体制作や、公式アプリの運営などをおこなっています。
最近ではクライアントの中で、コストの掛かる紙媒体を減らし、アプリ運営に力を入れていきたいという話が上がってきていました。

課題

情報配信のために作ったアプリは、会計の際にしか活用されておらず…

D社が運営をおこなっているアプリでは、フリーペーパーでも掲載している製品情報や最新ニュース、店舗限定のクーポンなどを中心に配信しています。
またログインすることで量販店の会員証としても使えることから、多くのユーザーに利用されています。

アプリを開発した理由として、企業としてだけでなく、ユーザーが普段訪れる店舗からの情報配信をおこなうためのツールとして制作しました。
しかし現状でユーザーに活用されている部分としては、会員証の掲示やクーポンが多くを占めており、「会計の際に掲示するアプリ」として利用されていました。

そのため本来の目的であった「情報配信」のツールとしては、あまり活用されていませんでした。

アプリ用に再編集していた記事。配信までの工数を減らしたい。

今まで、フリーペーパーに掲載していた情報をアプリからも配信しており、アプリでも読みやすいようにと記事を再編集して公開していました。
そのため、リライト公開までの作業には時間や人件費を含め、多くの工数がかかっていました。

現状では情報配信アプリとして機能できていないため、そこまでの工数をかけておこなうことなのかと必要性を見直されることになったのです。

営業部長としては、今後「情報配信アプリ」としての変革を目指していきたいと考えていたため、フリーペーパーに掲載している価値あるコンテンツをアプリでも公開していきたいと思っていました。
そこで営業部長は、配信までの工数を減らしながらも、情報配信を効率良くおこなっていける方法を探していました。

課題のポイント
ポイント
目的としていた情報配信をおこなう「メディアアプリ」として機能していなかった
ポイント
アプリ用の記事の制作工数を減らしていきたい
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP