トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 出版社U社02

Case事例

業種:出版社U社

「出版不況で新しい本の企画が通らない…」
新刊を続々発売できた改革的なコストカット方法とは

解決のポイント
ポイント
他社の本をヒントに自社ならではARの活用方法を見つけた
ポイント
コストとページ数をカットしたおかげで他社の本と差別化ができた
やじるし

解決

目に留まった「AR」を地図制作に採用。

旅行ガイドムック本を改訂するにあたり、地図の制作コストの削減方法を模索していたU社。
なにか良いヒントはないかと、さまざまな話題本をリサーチしていたところ、目に留まったのが「AR」を使った図鑑でした。
誌面の写真にスマホをかざすと、対象物の3D画像が見られるだけでなく、動画や音声、誌面に掲載しきれない文字情報などを表示されていました。
この方法を活用すれば、地図制作のコストがカットできると踏んだのです。

U社は早速、AR作成ツールの開発会社に想定した使用方法が可能かを問合せ。
U社が想定した使用方法が可能だったため、AR作成ツールの導入をすぐに決定しました。

紙面にスマホをかざすとGoogleマップが表示される仕組みに。

AR作成ツールを導入したU社は、誌面の飲食店や観光スポットの記事と写真にマーカーを設定。
スマホやタブレットをかざすと、アプリのマップが表示されるギミックを付けました。
これにより、地図の制作費はもちろんページ数の削減に成功。また、地図の設定はアルバイトスタッフでも簡単にできたため、業務時間のカットにも。
結果、大幅なコストカットとなりました。

ARはQRコードと違い、新たに誌面にスペースを追加しなくていいため、流用ページにも活用できる点やデザインが崩れない点、スポット名や住所の入力の手間なく、読者が現在地からも目的地へのルートや時間がわかる点など、自社にも読者にもメリットが多数。
さらに、掲載スポットの住所などの情報が変わってしまったとしても、ARのデータを変更すればOKに。これにより、観光ブックに多かった読者からのクレームも減少しました。

今回、地図制作の費用がカットできたことで、本体価格を下げることが可能に。
これにより、他社の本との差別化になっただけでなく、さらに読者にとって有意義な情報をプラスすることができたそうです。

改訂してからの売れ行きは好調で、大手通販サイトのレビューでは5つ星のうち高評価が多く、「地図がいらないので荷物が減った」「超便利」「最新情報だから信用できる」と、好意的な口コミがほとんどでした。

ARを導入したことで新刊や改定版の発売が続々決定。

ARを活用したことで、大幅なコストカットに成功したU社。
制作費用が削減できたおかげで、新刊や別のガイドブックシリーズの改訂版の発売が続々と決定しています。

U社は今後もデジタルツールを積極的に活用して、時代と読者のニーズに合った「売れる本」を作り続けていくことを目標としているそうです。

  • 1
  • 2
PAGE TOP