トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 編集プロダクションE社

Case事例

業種:編集プロダクションE社

本が売れない時代に求められる新しい企画…。
即「重版」になった本が生まれた理由とは

背景

E社は、出版社が発行する雑誌や書籍、企業のパンフレット、フリーペーパーなどの紙媒体の企画・制作をメインに請け負う編集プロダクションです。

課題

以前に増してクライアントから新しい企画を求められていた。

世の中のウェブ、デジタル化の影響で出版業界全体の売上げは低迷していました。
本が売れない時代になり、広告を出す企業が減少したことで、どの出版社も媒体ごとの部数を削らざるをえなかったのです。
多くの出版社は既存媒体の部数を削ることの対策として、少部数でも新しい媒体の数を増やしていこうとしてしました。

編集プロダクションであるE社の取引先の半数以上は出版社だったため、案件の受注数はさほど変化はなかったものの、出版社から「新しい特集や本の提案をしてほしい」と以前に増して求められるように。
E社はいまの時代に売れる本の企画を立てることに注力していました。

自社が選ばれる強み、差別化できる武器が欲しい。

さまざまな企画を考えるなかで、売れている本の二番煎じではなく、いまの時代にマッチした新しい企画や表現方法とはどんなものなのかを模索していたE社。
また、星の数ほどある編集プロダクションのなかで自社を選んでもらえる強み、営業の際に他社とは差別化できるツールの必要性を感じていました。

課題のポイント
ポイント
クライアントから新しい企画や本の提案を求められていた
ポイント
自社を選んでもらえる強み、他社とは差別化できる武器が欲しかった
やじるし
  • 1
  • 2
PAGE TOP