トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 広告会社N社02

Case事例

業種:広告会社N社

「紙×デジタル」の販促を実現したい
―手間もコストも掛かるARからの脱却―

解決のポイント
ポイント
「紙×デジタル」のプロモーションとして、自社に合ったARツールと出会った
ポイント
自分たちで自由にARサンプルを作成できるようになり、手間やコストを減らすことができた
やじるし

解決

出会ったのは、AR製作会社に見積もりいらずの「AR作成ツール」

N社の中で、ARの企画提案に関する今後の方向性を話し合っていたところに、スターティアラボ社の営業マンから「自社でARを作れるようになるソフト」の話をさせてほしいと連絡がありました。
社長は、実際に活用しているARと比較検討をするためにも、一度話を聞いてみることにしました。

AR作成ツール『COCOAR(ココアル)』について詳しく聞いてみると、自分たちでARの設定ができるようになることから、今まで見積もりを出していたサンプル作成が自由にできるといいます。
また、これまでのARは、ひとつのアプリを作成するのにも莫大な費用がかかっていました。
しかし、COCOARはすでに存在しているアプリを利用するので、開発コスト、アプリのバージョンアップの更新対応や検証などに発生するコストがかかりません。

社長は、「紙×デジタル」を実現するにはARが最適だと感じたこと、さらにサンプルを自分たちで作成できることに大きなメリットを感じ、導入を検討することにしました。

「紙×デジタル」を融合させた企画で、継続的な発注につながった

以前から提案をおこなっていたARと、『COCOAR』の中で大きく変わった部分として、2つあります。
今までサンプルの作成にかかっていた時間やコストが減ったことと、サンプルを見せることによって、お客様に企画段階で活用イメージを持ってもらうことができやすくなったことです。

サンプルを作成し、ARを活用したプロモーションを提案している中で、昔から付き合いのあるシステム会社の社長がARに興味を持ってくれ、採用パンフレットにARを活用してもらうことになりました。

仕組みとしては、システム会社の会社案内冊子にARアプリをかざすと、先輩社員からのメッセージ動画が流れ、日々の目標や入社後の仕事内容、就活生へのメッセージなどを聞くことができます。

このARから得られるログ情報を解析してみると、驚くことに「夕方や夜の時間帯にARが多くかざされている」ということが判明したのです。
システム会社に対して、「就活生が実際にパンフレットを持ち帰った後に、アプリをかざして会社の情報を見てくれている」という、今まで紙媒体では測ることができなかった結果を報告できました。

このログ結果にはお客様からも好評をいただき、採用パンフレットでの活用は継続3年目を迎えています。

「なんでもARを絡めて企画すればいい」は、間違っている

社長は、ARを提案する際に心がけていることについて、こう考えています。
「どんな企画にもARを詰め込んで提案するのではなく、プロモーションの価値をあげる手段の一つとしてARを活用する、というスタンスを忘れないようにすることが重要です。
あくまで弊社は『セールスプロモーションの会社』であって、『ARを提供する会社』ではないですからね。
本来の目的を見失うことなく、数あるプロモーション方法の中から『ARが有効なPRの手段である』と感じたときに提案することが大事だと思っています。」

また、社長が昔からARの提案をし続けてきた中で、感じたことは「やっと時代が追いついた」だといいます。
最近では様々なゲームやキャラクターなどでも、「AR」や「VR(=仮想現実)」といった技術が活用され始め、ようやく一般のユーザーにも注目されるようになってきました。

市場がさらに大きくなってきている中、今後も有効なプロモーションツールの一つの手段として、COCOARを活用していきたいと意気込んでいました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP