トップページ > マーケティングTOP > 事例 > 映像制作L社02

Case事例

業種:映像制作L社

制作工数をかける割に、合わない単価…
事業を広げ、利益率を上げていきたい

解決のポイント
ポイント
様々な料金プランを作成できたことで、単価アップに貢献した
ポイント
ARをきっかけに新しい顧客の獲得につながった
やじるし

解決

制作した映像の活用、そして付加価値になると直感し導入へ

L社は自社のウェブサイトに「映像制作会社」と記載していることもあり、、あらゆるARの制作会社から提案を持ち込まれることが多くありました。
様々な会社の話を聞いていく中で、社長自身も今後はVRやARといった、バーチャル世界の時代が来るだろうと感じており、今のうちに波に乗っていたい、そして乗り遅れたくないという思いがありました。

そんな中、提案に来ていた会社のひとつであるスターティアラボ社のARの話を聞いたとき、今までの提案とは違った印象を感じました。
今まで聞いてきたARは、オリジナルアプリを数百万かけて制作するという提案が多くありました。
しかし『COCOAR(ココアル)』は汎用アプリを活用するため、ARで表現できることは限られていても、操作画面の手軽さやシンプルさに魅力を感じたこと、そして何より制作した映像を活かしながら、お客様に付加価値で提供できると感じ、導入を検討しました。

本業だったブライダル映像での単価アップに成功

メインの事業であるブライダル関連では、招待状でARを活用してもらっています。

提案方法としては、招待状やウェルカムボードなどさまざまな場所にARを設定できるプランを新しく作っており、それぞれの媒体にARアプリをかざすと、結婚式を挙げる予定の二人のメッセージが見られる仕掛けを作ることができます。

ARが含まれていないプランも合わせて用意していますが、実際に招待状にARが付いている様子を見た新郎新婦はその動きに驚き、「やってみたい」とAR付きのプランを選ばれるお客様が予想以上に多かったとのことです。
映像制作の際のプランにAR費用を上乗せできたことで、単価のアップにつなげることができました。

ARを切り口におこなった新規営業が、販路を切り開くきっかけに。

L社はブライダルメインだったこともあり、一般企業とのつながりはほとんどありませんでした。
そこで、社長は一念発起し、ARを話の種に新規営業をおこなってみることにしたのです。

営業活動を続けていく中では、話を聞いてくれる会社もあれば、名刺だけ受け取ってもらう会社など、さまざまな会社と出会いました。そうしてしばらく提案を続けていく中で、とある出版社に行ったときのことでした。

市の病院の情報を集めたパンフレットを制作している担当者にと話す機会があり、いつものようにARのサンプルを見せながらL社の事業についての紹介を進めると、ちょうど社内で「病院を紹介する映像を制作するべきか」と話題にあがったところだったとのことです。
L社に依頼をすれば映像制作も、さらに紙媒体では伝えきれない情報を補えるARを活用できることも気に入っていただき、採用されることになりました。

病院のパンフレット内には50個ほどのARを設定しており、誌面のマーカーにアプリをかざすと病院施設の案内や、院長のインタビューといった映像を見ることができます。
L社では50個のAR設定の2年契約に加え、中身コンテンツである映像制作まで受注することができ、このつながりをきっかけにウェブサイト制作まで依頼してもらえることになり、新規顧客の開拓に貢献しました。

頑張った分だけ見返りがあった、これからも地道に続けていきたい

社長はCOCOARを導入した当時、「すぐに事業の柱となってARの制作案件だけでも十分に収益源になる」と考えていましたが、「簡単にできるものではなく、現実は甘くなかった」と振り返っています。
「ただ、その中で自分が頑張った分だけ見返りが返ってくるものだと実感したので、これからも地道に提案を続けていこうと思っています」とのことでした。

また今後について、「あまりARという言葉が浸透していないこの地域で、L社が先駆者となってARを広めていき、L社の事業の中心となる柱にすることが目標ですね」と意気込みを語っていました。

  • 1
  • 2
PAGE TOP