トップページ > マーケティングTOP > ハシオキ > 親子で楽しむARイベント9選

Columnコラム

夏休みに親子で楽しめるARイベント9選

▼もくじ
1. ファミリーで楽しめる浜名湖パルパルで「やなせたかし」キャラクターのARスタンプラリー開催
2. ARサービスで町ごとすべて活性化!静岡県森町が魅力発信
3. 最先端アトラクションが楽しめる、お台場「魔法を使える夏祭り」
4. 触って、叫んで、撮影して楽しむ「うんこミュージアムYOKOHAMA」
5. 対象は福島全域!『大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2019』
6. トリックアート×ARで不思議さ倍増!面白動画が撮影できる
7. 京都鉄道博物館でARで憧れの新幹線ロボ「シンカリオン」に変身できる企画展
8. 2019年夏も六本木ヒルズはドラえもんARアトラクションで盛り上がる
9. 小さなお子様でも楽しめるAR謎解きウォークラリー「ハウステンボスARクエスト」


ファミリーで楽しめる浜名湖パルパルで「やなせたかし」キャラクターのARスタンプラリー開催

 

浜名湖畔のファミリー向け遊園地浜名湖パルパルでARを使った夏休み限定のモバイルスタンプラリーが開催されます。


浜名湖パルパルは、幼児でも楽しめるアトラクションからジェットコースター、プールなどが揃い、家族で1日中楽しむことができる浜名湖で一番人気のレジャースポットです。


2019年 7月20日(土)~9月1日(日) の期間中、同園マスコットキャラクター「パルパルファミリー」を集めるモバイルスタンプラリーが開催されます。専用のARアプリCOCOAR2をスマートフォンやタブレットにダウンロードし、園内6か所に設置されたスタンプポイントで、パルパルキャラクターを見つけてスキャンするとスタンプがたまります。すべてのキャラクターをスキャンした後、センターハウス1階インフォメーションセンターでシークレットキャラをスキャンすることで、プレゼントゲットの抽選権が得られます。


浜名湖パルパルのマスコットキャラクターは、アンパンマンでおなじみの漫画家、やなせたかし氏が手掛けたキャラクターたちで、パレオ、パーラ、エビーノ、トマトーナ、マスケラーナ、アンティコ姫が子どもたちをお出迎えします。


ARを使ったモバイルスタンプラリーは、スタンプをためる体験だけではなく、デジタルフォトフレームや動画、3Dなどのコンテンツも設定することができるため、園内の回遊効果が高まるだけでなく、参加者もより大きい満足感を得ることができます。



ARGO: 「浜名湖パルパル」がデジタルスタンプラリーを開催!園内にいるパルパルファミリーを探そう




ARサービスで町ごとすべて活性化!静岡県森町が魅力発信
森町体験の里「アクティ森」のなぞきゃらのコモコモ

出典: PR Wire

 

2019年7月20日(土)から、静岡県の森町の自然を満喫できる体験型施設「森町体験の里 アクティ森」で「AR×なぞきゃら×コスプレ」を掛け合わせた地方創生プロジェクト『ロール プレイング トリップ in モリマチ』がスタートしました。


本プロジェクトは「新たな魅力創出発信事業」と名づけられ、「アクティ森」を起点にシティプロモーション活動の一貫としてスタート。「忙しい現代人が忘れかけている、誰もが子どもの頃に持っていた”アソビゴコロ”を少しでも感じてもらいたい」という思いから企画されました。架空のストーリーと森に棲むなぞのキャラ「コモコモ」をARアプリで探し出し、友達になろうというのが本企画の内容となっています。


集めた(友達になった)コモコモの数に応じて森町の特産品など景品がもらえ、たくさん見つけた遊者には間伐材で作られたオリジナルメダルも与えられます。ワンコインでレンタルできる遊者などのコスチュームを使うと、さらに多くのコモコモに出会えるとのこと。


近年では地域活性化にARを導入するケースも増えてきました。森町のようにイベントへのキャラクターの投入やストーリー性をもたせることにより、参加者はさらにイベントの世界観を楽しむことができます。新たな観光名所のひとつとなることもあります。また、今回の事例のように、ARを使いゲーム感覚で山歩きを導くことで、自然に興味や触れ合うきっかけを子どもたちに与えることを期待できそうです。



ARGO: 静岡県森町が体験型ARスタンプタリーを開催!なぞきゃら「コモコモ」と友達になろう




最先端アトラクションが楽しめる、お台場「魔法を使える夏祭り」
テクノスポーツ「HADO」をプレイしている様子

出典: HADO

 

2019年7月13日(土)~9月1日(日)までアクアシティお台場でARアトラクション体感型フェスティバル「魔法を使える夏祭り」が開催されます。


本イベントでは、話題のテクノスポーツ「HADO」やモンスター討伐アトラクション「HADO MONSTER BATTLE」、シューティングアトラクション「HADO SHOOT!」、体験型ミニゲーム「アソビルパーティ ~とびだせ!アソビルモンスター~」、AR砂場「iSandBOX -ARで進化した学べる砂場」の5種類のARコンテンツを体験することができます。


近年、ARを使った金魚すくいやお化け屋敷などARやVRを用いたイベントやお祭りの開催が急激に増えてきました。これからの時代を生きる子どもたちにとってのお祭りは、アナログだけではなく最先端の技術を使ったバーチャルでの出店も増えていくのかもしれません。今後、アナログとデジタルの良いところどりをしたお祭りが出てくることに期待です。



ARGO: アクアシティお台場で最新ARアトラクションを楽しもう!体感型フェスティバル「魔法を使える夏祭り」開催





触って、叫んで、撮影して楽しむ「うんこミュージアムYOKOHAMA」

うんこミュージアムのメインビジュアル

出典: asobuild

 

2019年9月30日(月)まで横浜駅東口にある複合型体験エンターテイメント施設ビル・アソビルで開催されている「うんこミュージアムYOKOHAMA」で、8月1日より「UNKO AR」の活用が始まリました


ARアプリ「pictPOP(ピクトポップ)」をミュージアム内のマーカーにかざすことで、動くうんこのイラストと一緒に写真や動画を撮影することができます。


本来なら、7月15日で終了予定だった本イベントは、人気の高さから9月30日まで延期されることになり、さらにはお台場にも新しく「うんこミュージアム」が誕生することが決定しています。


SNSを見ると、うんこミュージアムの写真がたくさん投稿されており、子どもだけでなく大人にも人気のほどがうかがえます。さらにARを使うことによってさらに特別な「映え」写真を撮ることができるため、SNS等での拡散につながります。



ARGO: 子どもも大人もやっぱりこのネタが大好き。この夏「うんこミュージアム」で新しい自分を発見?




対象は福島全域!『大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2019』

出典: ウルトラとくさつワールド

 

2019年12月8日(日)まで福島県全域で、『大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2019』が開催されています。


県内の観光地各所に設定されたARポイントで、アプリをかざすことでARでウルトラマンや怪獣が現れ、いっしょに写真撮影をしたり、デジタルスタンプを集めたりすることができます。あらゆるスポットでウルトラマンと怪獣の戦いや、キメポーズなど様々なシーンを見ることができるので、かっこいい写真も、面白い写真も撮影できます。


福島県のそれぞれの地域でコースが設定されており、集められるスタンプも異なるため、観光を楽しみながら集めることができます。特撮ものということで、ファミリー向けの本企画ですが、ウルトラマンで育ったパパたちやファンもが思わず本気になってしまいそうな企画となっています。


コースの達成状況に応じて、県の特産品や旅行券など豪華商品の抽選に参加することができるのもこの企画の魅力で、復興も含めた福島の全土を巻き込んだ地域や観光の活性化にARがひと役買っています。



ARGO: ウルトラヒーローと一緒に写真を撮ろう!福島県で「大冒険!ウルトラマンARスタンプラリーinふくしま2019」がスタート




トリックアート×ARで不思議さ倍増!面白動画が撮影できる
恐竜のトリックアート

出典: 金沢日和

 

2019年7月31日より金沢市のめいてつ・エムザ8階で、ARとトリックアートのコラボを体験できる「新・大トリックアート展」が開催されています。


トリックアートといえば、精密な描写に遠近法や陰影、色や照明などを組合わせることで平面図を立体的に見せた体験型芸術ですが、本イベントでは、ARを更に加えることで臨場感のある不思議な状況が体験・撮影できます。


江戸時代の宿場町、忍者屋敷、屏風のトラなどのトリックアートが24点、迫力満点の恐竜のバトル、力士とのシーソー対決などのARを使った動くトリックアートが6点の合計30点が展示されます。どのアートも写真撮影が可能なため、トリックアートの中で「まさか!!写真」を撮影することができます。トリックアートといえば、写真撮影でしたが、ARを使ったトリックアートは動きがあるため、写真だけでなく、動画でも楽しむことができ、楽しみ方が広がります。



ARGO: ARトリックアートが楽しめる!石川県金沢市のめいてつ・エムザにて「新・大トリックアート展」が開幕



京都鉄道博物館でARで憧れの新幹線ロボ「シンカリオン」に変身できる企画展
夏休み特別展「新幹線変形ロボ シンカリオン×京都鉄道博物館2019」バナー画像

出典: 京都鉄道博物館

 

2019年(土)~9月10日(火)まで京都鉄道博物館にて夏休みの特別展として「新幹線変形ロボ シンカリオン×京都鉄道博物館2019」が開催されています。


展示では、新幹線変形ロボシンカリオン の世界として新幹線や運転士のキャラクター紹介の展示や、スタンプラリーが行われています。


今年から登場した京都鉄道オリジナルコンテンツ「ARチャレンジ!シンカリオン!」という体験型のコーナーでは、スクリーンの前に立つと、そこに映った自分がシンカリオンに変身できるというシンカリオンファンや子どもにとってたまらなく嬉しい企画となっています。シンカリオンは体の動きを認識して動くため、好きなポーズや変身する様子を撮影することも可能です。

>TVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』の中でも登場した京都鉄道博物館。ARの世界はまさに現実世界のように感じることができるので、物語の舞台となった場所で自分がシンカリオンとなれる体験は満足度の高い企画となっています。



ARGO: ARで「シンカリオン」に変身!?夏休み特別展「新幹線変形ロボ シンカリオン×京都鉄道博物館2019」




2019年夏も六本木ヒルズはドラえもんARアトラクションで盛り上がる
映画恐竜大冒険の映画のイメージ写真の上に、ARを使ったゲームのイラスト

出典: 「ドラえもんARアトラクション『恐竜大冒険』」

 

2019年7月13日(土)~8月25日(日)まで開催されているテレ朝・六本木ヒルズの夏祭り「SUMMER STAITION(以下サマステ)」で、サマステ恒例となっている人気企画「ドラえもんARアトラクション」が開催されています。


今回のアトラクションは、2020年3月に公開される『映画ドラえもん のび太の新恐竜』と連動した白亜紀の世界を舞台に、恐竜たちに取られてしまったひみつ道具を、ARアプリを搭載した専用タブレット「探知レーダー」を使って時間内に探すというもの。また、電子チケット「サマパス」の購入者限定で参加できる「ひみつ道具を集めよう!ドラえもんARスタンプラリー」も行われています。


六本木ヒルズでは他にも、人気ドラマ「科捜研の女」とコラボしたAR謎解きアトラクションや、屋上スカイデッキでの進撃の巨人の巨人ARなどが開催されており、ARの様々な使い方が体験できます。巨人のARは現実の屋上の高さと相まって、巨人のスケールを忠実に再現したものともいえ、臨場感がましています。


ARがこうしたイベントに適しているのは作品の世界観に没入することができるからです。架空の物語や世界観であっても現実に重ね合わせて表示ができるため、まるで作品の世界観が現実のものであるかのように感じることができます。また、参加者の周りに広がる世界観だけでなく、魔法や技なども再現ができ、自らがそうした力を発動しているような写真を撮ったりすることもできます。



ARGO: 大好評のテレ朝「ドラえもんARアトラクション」がさらにパワーアップ!2019年は『恐竜大冒険』




小さなお子様でも楽しめるAR謎解きウォークラリー「ハウステンボスARクエスト」
ハウステンボスARクエスト

出典: ハウステンボス

 

ハウステンボスで、スマホを使って遊べる子ども向けのARウォークラリー「ハウステンボスARクエスト」」が登場しました。


「ハウステンボスARクエスト」は、子ども向けのARウォークラリーで、自身のスマホにARアプリ「Satch Viewer」をダウンロードし、パーク内を散策しながら謎解きをしてゲームを進めていくアトラクションで小さな子どもでも楽しむことができ、謎を解き明かすことができれば、恐竜や妖精が出現します。


他にもハウステンボスでは、日本初となる無人島ARシューティングアトラクション「ジュラシックアイランド」や、ARテクノスポーツ『HADO』でバーチャルバトルが楽しめる「サモナーバトル」、最新のARシステムで圧倒的な臨場感を体感できるこちらも『HADO』を使った闇の魔王を撃退するアトラクション「ダンジョン・オブ・ダークネス」など、「ハウステンボスARクエスト」の他にもさまざまなARやVRを用いた数々のアトラクションを楽しむことができます。


テーマパークのアトラクションにARが使われていることも多くなってきました。テーマパークは「非日常」な体験があふれた場所であり、ARも「非日常」な体験を作ることが可能なツールであるため、親和性があります。またスタンプラリーだけでなく、謎解きアトラクションにも回遊効果があります。謎解きに関しても、ARであれば、動画などでも問題やヒントが提示できるため、出題の幅が広がります。



ARGO: 家族みんなで楽しめる!ハウステンボスのARウォークラリーアトラクション




PAGE TOP