トップページ > マーケティングTOP > ハシオキ > 冬休みに親子で楽しめるARイベント10選

Columnコラム

冬休みに親子で楽しめるARイベント10選

▼もくじ
1. ARで松山城の魅力をあますことなく表現。アプリを活用したARポイントラリー
2. 怪獣たちの魅力をARで体感。最新テクノロジーを駆使した空想科学「かいじゅうのすみか」
3. WebARでインタラクティブな体験ができるナイトアートプログラム「NIGHT SYNC YOKOHAMA」
4. ARリアル謎解きゲームで相互集客を目指した、京都鉄道博物館×京都駅ビル
5. 乃木坂メンバーと一緒に冬のパーティーシーンを楽しもう。「ファンタ」みんなでモノマネゲームボトル
6. 工作機械に特化した博物館が開館。AR技術を使った体験展示も楽しめる
7. 観客の「応援」で勝敗が決まる!? ARスポーツイベント「Xball Live」が開催
8. 音声ARで楽しむ「ムーミン谷の冬」 埼玉県飯能市のムーミンバレーパーク冬イベント
9. ARアプリを使ってキャラクターを探そう。東京一番街にてARイベントを開催
10. 大阪国際空港にてクリスマスARイベントが開催。展望デッキに3Dツリーやサンタが現れる


ARで松山城の魅力をあますことなく表現。アプリを活用したARポイントラリー
ARポイントラリーが行われる愛媛県・松山城の周遊イベント「松山城冬の陣」

出典:愛媛県松山市 プレスリリース

 

2020年1月11日(土)~3月8日(日)の間、愛媛県・松山市にある松山城二之丸史跡庭園にて、周遊イベント「松山城冬の陣」の実施が発表されました。企画のひとつにARアプリを活用したポイントラリーが行われます。


本ポイントラリーは、2019年1月26日(土)にリリースされたARアプリ「攻略 松山城」(iOSAndroid)を活用。城のさまざまな場所に設置されたARマーカーをスキャンすると、普段は見ることのできない狭間(さま)からの射撃や、隠門(かくれもん)での侵入者撃退などの動画を閲覧できます。


このアプリを使ったポイントラリーに参加し、全ての動画ポイントを通過すると、期間限定で書道家・青柳美扇さんによる松山城オリジナル登城符がもらえます。また本アプリは英語版も制作されているため、外国人観光客も参加できるとのこと。


ARポイントラリーのほか、オープニングイベント「チャンバラ合戦-戦-」、謎解きイベント「リアル宝探し」や「忍者巨大迷路」などを開催予定。本イベントを通して、松山城の魅力を広く伝え集客につなげるとともに、来場者の満足度向上を図るとしています。



ARGO:謎解きしながらお城について知れる!松山城のARアプリ




怪獣たちの魅力をARで体感!最新テクノロジーを駆使した空想科学「かいじゅうのすみか」
ARを取り入れた体感エンターテイメント「かいじゅうのすみか」キービジュアル

出典:空想科学 かいじゅうのすみか 体感エンターテイメント

 

円谷プロのかいじゅうたちの魅力を体感できるイベント「かいじゅうのすみか体感エンターテイメント」が、東京ドームシティ ギャラリー アーモにて開催中。期間は2019年11月7日(木)~2020年1月26日(日)まで。本企画ではARと謎解きを組み合わせたプログラムが展開されています。


ARプログラム「かいじゅうのすみか AnotheR story ~時をつなぐ石碑~」は、会場内に設置してある「石碑」をみつけ出し、「石碑」を「石版」(タブレット)で読み込むことで「手記」内の抜け落ちた情報を集めるイベントです。すべての「石碑」を探し出し、「手記」の情報を埋めることで「かいじゅうのすみか」の世界の謎が明かされていくとのこと。


広い会場や施設では、来場者が特定の場所に集中したりすることが多々あります。ですが会場内をめぐるAR企画を実施すれば、周遊対策になるだけでなく、滞在時間の増加も見込めます。また音声や動画も盛り込めるので、謎解きなどのコンテンツも設定可能。会場を回りつつ、謎解きを楽しむという内容の濃い企画を提供できます。



「空想科学 かいじゅうのすみか 体感エンターテイメント」公式サイト 




WebARでインタラクティブな体験ができるナイトアートプログラム「NIGHT SYNC YOKOHAMA」
WebARでインタラクティブな体験ができるナイトアートプログラム「NIGHT SYNC YOKOHAMA」

出典:NIGHT SYNC YOKOHAMA(ナイト・シンク・ヨコハマ)

 

2019年11月1日(金)~12月27日(金)までの間、横浜・新港地区にてナイトアートプログラム「NIGHT SYNC YOKOHAMA」を実施。開催期間中、WebARを活かした特別演出が催されます。


特別演出は毎日4回(18時・19時・20時・21時)、約10分間行われます。参加方法はスマートフォンで公式サイトにアクセスし、「特別演出に参加する」のボタンをタップ。その後、新港中央広場に設置されているARマーカーをスマホで読み取り、該当箇所に向けることで、ダイナミックな光と音楽の演出を楽しめます。参加費は無料。


実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示できるARは、イルミネーションと相性抜群です。通常のイルミネーション展示に加え、スマホを使って能動的に「見て楽しめる」ため、来場者の満足度向上にもつながります。また写真撮影もできることから、SNS投稿による拡散も期待できます。



ARGO:プロジェクションマッピングとWebARを組み合わせた新しい試みで横浜が音と光で盛り上がる




ARリアル謎解きゲームで相互集客を目指した、京都鉄道博物館×京都駅ビル
ARリアル謎解きゲーム「トキ、カケル。~過去から未来へ…探し出せ。天才設計者の夢~」

出典:NAZONAZO劇団

 

株式会社ハレガケは、京都鉄道博物館京都駅ビルの両施設をつなぐ梅小路京都西駅開通を記念し、2つの施設をめぐるARリアル謎解きゲーム「トキ、カケル。~過去から未来へ…探し出せ。天才設計者の夢~」 を開催しています。期間は2019年10月26日(土)から2020年3月31日(火)まで。


リアル謎解きゲームとは、頭と体を使って謎を解き、物語を進めていく体験参加型ゲームです。鉄道の「過去と未来」をテーマにした完全オリジナルストーリーが展開され、鉄道ファンからファミリー層まで楽しめます。AR技術を取り入れたことで、より臨場感あふれる体験を味わえるとのこと。


両施設の魅力をより知ってもらうことを目指し、同エリアを周遊できるARリアル謎解きゲームを企画。時間制限を設けないことで、ゲームの合間に京都駅ビルでの買い物や、京都鉄道博物館の展示を楽しめる仕組みづくりを行っています。



ARGO:京都鉄道博物館×京都駅ビルがコラボでARリアル謎解きゲーム『トキ、カケル。』を開催!




乃木坂メンバーと一緒に冬のパーティーシーンを楽しもう♪「ファンタ」みんなでモノマネゲームボトル
乃木坂メンバーのAR動画が閲覧できる「ファンタ」みんなでモノマネゲームボトル

出典:日本コカ・コーラ株式会社

 

日本コカ・コーラ株式会社は2019年10月7日(月)、「ファンタ」みんなでモノマネゲームボトル(500mlPET)を、期間限定で発売中。本製品の発売にあわせて、乃木坂46メンバーのAR動画が視聴できるほか、抽選でオリジナルグッズが当たるプレゼントキャンペーン「ファンタからはじまるモノマネゲームパーティー」が展開されています。


本キャンペーンは、スマートフォンアプリ「Coke ON」iOSAndroid)を起動し、「ファンタ」みんなでモノマネゲームボトルのラベルを読み取ると、ボトルに描かれたメンバーがARで出現。「チャラ顔じゃんけん」、「歌舞伎ずもう」などのモノマネゲームの遊び方を教えてくれます。


AR動画を最後まで閲覧すると、抽選で1000名様に「ファンタ坂学園」オリジナルスマホグリップ(全10種類)、さらに「Coke ON」で使えるオリジナルデザインスタンプが合計11万9000名様に当たります。


「ファンタ」みんなでモノマネゲームボトルは、顔や頭にかざすだけでモノマネができるボトルです。クリスマスや忘年会などの冬のパーティーシーズンで、友達や仲間と盛り上がるアイテムとしての活用が期待されます。



ARGO:Coke ONカメラのARで遊ぶとファンタ坂学園グッズがその場で当たる!!




工作機械に特化した博物館が開館!AR技術を使った体験展示も楽しめる
「ヤマザキマザック工作機械博物館」にて活用されているAR展示

出典:朝日新聞デジタル(2019年11月2日)

 

ヤマザキマザック株式会社は、創業100周年記念事業として2019年11月2日(土)、岐阜県美濃加茂市にヤマザキマザック工作機械博物館をオープン。展示物の一部にARを導入しています。


ヤマザキマザック工作機械博物館は、工作機械に特化した博物館です。工作機械は約200点展示されており、18世紀から現代に至るまでの歴史をたどれます。


ARを利用した展示は、工作機械が生み出した製品を展示する産業製品コーナー。T型フォードや蒸気機関車「D51」、航空機やヘリコプターなどの実機が並び、どんな部品が作られたのかをARで紹介しています。また体験型施設として、子ども向けスタンプラリーの開催や高学年を対象にした文鎮作り体験コーナーなど、工作機械の原理を楽しみながら学べるイベントも設けているとのことです。


あらゆる機械や部品を作る工作機械ですが、作成した部品がどこに使われているのかはあまり周知されていません。ですがARを利用すれば動画などでわかりやすく解説できるため、通常展示よりも来場者の理解を深められます。またARマーカーを設置するだけで利用可能なので、低コストで済むほか、施設の雰囲気を壊さずに運用できます。



ARGO:ARで部品の使用箇所がわかる!ヤマザキマザック機械工作博物館 




観客の「応援」で勝敗が決まる!? ARスポーツイベント「Xball Live」が開催
観客参加型システムを取り入れたHADOの「Xball Live」

出典:HADO Xball

 

ARスポーツHADOを運営する株式会社meleapは、2021年に「HADO Xball」のプロリーグの開催を発表しました。プロリーグ実施に伴い、2019年12月17日(火)に渋谷ストリームホールにてローンチイベント「Xball Live」を行います。


HADO Xballはテクノロジーとスポーツを融合した新感覚のスポーツ競技です。シュートでゴールを狙い、ブレードで互いのプレイヤーを妨害します。また観客参加型システムが採用されており、オーディエンスの応援が必殺技となって、相手に大ダメージを与えられるルールが定められています。


いままでは試合を観て楽しむだけでしたが、HADO Xballでは観客をも巻き込む新しいエンターテイメントを創出しています。このようにAR×スポーツをはじめ、さまざまなジャンルと組み合わせることで、従来のイベントとの差別化を図れたり、新しい体験を提供できたりと、プラスアルファの価値をつけられます。HADOは小学校の体育の授業への採用や、テーマパークでの常設、体験会の開催など、体験の機会が数多く用意されています。



ARGO:観客の応援が勝利につながる!HADOの「Xball Live」が2019年12月17日(火)に開催




音声ARで楽しむ「ムーミン谷の冬」 埼玉県飯能市のムーミンバレーパーク冬イベント
音声ARでリアルな没入感を再現する「ムーミンバレーパーク」

出典:ムーミンバレーパーク

 

埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパークで、冬のイベント「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK」を開催。企画のひとつに、音声ARを活用したアトラクションが導入されています。


サウンドアトラクション「サウンドウォーク ~ムーミン谷の冬~」は、現実世界に仮想世界の音が混ざり合う音声ARです。オープンイヤーステレオヘッドセットを装着し、パーク内を歩くと、まるで物語の中に入り込んだような没入感を味わえます。期間は2019年11月30日~2020年3月8日まで。


本企画は従来の音声ガイダンスと異なり、オープンイヤーステレオヘッドセットにより個人で音楽を楽しむことができます。また、従来の音声ガイドとも異なり対応番号の入力なしに、移動するだけで作品の説明やストーリーが自動で流れるのが特徴です。ユーザーの位置情報を利用し、ユーザー属性に応じた音声や音楽の出し分けも行えるので、街おこし施策や多言語対応による訪日外国人観光客対策などの活用も見込めます。



ARGO:園内の情景に合わせたサウンドが聞こえてくる!ムーミンバレーパークでSound AR体験




ARアプリを使ってキャラクターを探そう!東京一番街にてARイベントを開催
東京駅一番街で行われるイルミネーションとARスタンプラリー

出典:東京駅一番街

 

東京駅八重洲口に直結する商業施設「東京駅一番街」でARスタンプラリーが行われています。開催期間は2019年11月14日(木)~2020年2月12日(水)まで。


ARアプリを用いて、東京駅一番街館内に設置されたポイントをスキャンすると、「東京キャラクターストリート」のキャラクターが画面上に現れます。ARフォトフレーム機能によって、キャラクターと一緒に写真撮影も可能。またアプリにはARスタンプが記録され、5つのポイントをすべて巡ると限定クリアファイルがもらえます。


東京一番街のような広い商業施設では、人が来ないエリアがあったり、逆に特定の場所に人が集中する傾向があります。ARスタンプラリーを行うことで来場者を楽しませつつ、さまざまな店舗を回遊させられるため、回遊対策や滞留効果向上が見込めます。



ARGO:東京駅一番街にてARアプリイベントを開催中!かわいいキャラクタークリアファイルがもらえる! 




大阪国際空港にてクリスマスARイベントが開催!展望デッキに3Dツリーやサンタが現れる
大阪国際空港(伊丹空港)で開催されているクリスマスARイベント

出典:大阪国際空港(伊丹空港)

 

2019年12月1日(日)~12月25日(水)までの間、大阪国際(伊丹)空港4階展望デッキにて、ARを使ったクリスマスイベントが行われています。


本イベントでは2つの企画が実施され、『クリスマスARコレクション』はスマホを2ヵ所のポスターにかざすとアイテムを取得でき、展望デッキにてAR体験が味わえます。『うっかりサンタのさがしもの』は空港内の4ヵ所にあるポスターを読み込み、サンタの服を集めていくというものです。


どちらもアイテムや服をコンプリートすると、オリジナルキャラクター・そらやんのオリジナルフォトフレームなどのプレゼントがもらえます。なお本イベントへの参加には、事前に専用アプリ(iOSAndroid)のダウンロードが必要です。


空港のような広いフロアでは、特定のスポットや店舗に人が集中しがちです。ARを活用したポスターラリーを行うことで、フロア内の回遊性を促進できます。また参加者も企画を楽しみながら行うため、参加者の満足度向上も見込めます。



ARGO:大阪国際空港でクリスマスAR!施設内で使えるクーポンがもらえるイベント開催




PAGE TOP