トップページ > マーケティングTOP > ハシオキ > 食品・パッケージAR 10選

Columnコラム

食品・パッケージAR 10選

▼もくじ
1.普段はなかなか見れない生き物が見れる「おっとっと」のパッケージ
2ホワイトソーダを飲んで「名探偵コナン」の人気キャラたちと記念撮影
3.5つのコンテンツを楽しむことのできる「バニラバー」
4.空箱で遊ぶ!フレーバーごとに異なる4つの遊びが体験できる「チョコボール」
5.「どん兵衛」を味わいながら、人気CMの世界観にも浸れるアプリ
6.味もコミュニケーションも楽しめる「しゃべるARクッキー」
7.「AR大衆酒場」で居酒屋にいる気分になりながらハイボールを楽しもう
8.ピザ注文でARゲームが楽しめる米ピザハット、日本ピザハットのお誕生日ARの取り組み
9.動物園チケット抽選プレゼントも開催された、たべっ子どうぶつフォトフレーム
10.ウイスキーのラベルが飛び出す絵本に!ブラックニッカについて学べるアプリ





普段はなかなか見れない生き物が見れる「おっとっと」のパッケージ


2019年2月下旬から森永製菓株式会社は、「おっとっと」と学研プラスの図鑑とのタイアップ企画として、「おっとっと<うすしお味>深海生物を探そう!」と「ベジタブルおっとっと<コンソメ味>恐竜に会えるかも!?」の販売を開始しました。 タイアップ商品のパッケージにARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」をかざすと、ARでそれぞれ「深海生物」と「恐竜」の3DCGが出現し、拡大や縮小、回転させることができ、深海生物は11種類、恐竜は10種類が用意され、各1種類ずつレア型もいます。ARアプリコンテンツは2019年7月31年まで開催されるとのことです。
また、特設スマートフォン専用サイトでは画面フレームにおっとっとを合わせることで集めた生き物をコレクションできるキャンペーンも5月31日まで開かれ、全種類をコンプリートするとスペシャルエンディングムービーが流れました。 多くの人が楽しむ企画となり、検索ワードに「おっとっと」と入れると、予想検索ワードとして「おっとっと深海生物」「おっとっと 恐竜」「おっとっと レア」といった言葉が並んでいます。

ARGO:おっとっとが「深海生物」と「恐竜」の図鑑に!生き物たちが3Dで登場



ホワイトソーダを飲んで「名探偵コナン」の人気キャラたちと記念撮影

ダイドードリンコは、アニメ「名探偵コナン」とのコラボレーションとなる新商品「名探偵コナン ホワイトソーダ」を2019年2月に発売しました。 本商品の表面には「江戸川コナン」「怪盗キッド」「安室透」など6人のキャラクターが印刷されており、装丁をARアプリで読み取ると缶に印刷されたキャラクターによって異なるデザインのARフォトフレームが表示されます。フォトフレームは内外両カメラに対応し、サイズの伸縮も自由なため、キャラクターとのツーショットや、デザインごとにシチュエーションに合わせた撮影などが楽しめる自由度の高さです。また、「SNSでシェアする」のボタンから簡単に各サイトへの投稿もできます。入手方法は通信販売と自動販売機で、ランダム販売となっています。人気キャラクターが起用されているだけでなく、一人一人のキャラクターに合わせたフォトフレームデザインでファンはもちろんファン以外も楽しめるものとなっています。

ARGO:『名探偵コナン』がソーダ缶のパッケージに!ARで記念撮影も



5つのコンテンツを楽しむことのできる「バニラバー」

株式会社ロッテでは「バニラバー北海道・やさしいいちごバー・BIGバニラバー北海道 キャンペーン2019」が開催されており、無料スマホアプリ(iOS/Android)」をダウンロードすることによってARコンテンツを楽しむことができます。
コンテンツは全部で5種類あり、1つ目が、オリジナルキャラクターであるバニラバくんとイチゴバちゃんが巨大化し一緒に写真を撮ることができる「Bigバニラバくんいちごバちゃん」、2つ目が、昼寝をしているバニラばくんの鼻風船を割ることで仲間たちが出てくる「鼻風船」、3つ目が、バニラバくんと仲間たちの 「4コマ劇場」、4つ目が、テーマに合わせて3種類のフォトフレームが選べる「集合写真」、5つ目がバニラバくんといちごバちゃんとのラブラブアニメーションが表示され、最後にフォトフレームになる「なかよしフォトフレーム」となっています。
本コンテンツは2回目の開催となっており、第1回は「バニラバー北海道・やさしいいちごバーキャンペーン2018」として2019年3月31日まで開催されました。第2弾である本キャンペーンは2020年5月28日木曜日まで開催されます。

「バニラバー北海道・やさしいいちごバー・BIGバニラバー北海道 キャンペーン2019」公式サイト



空箱で遊ぶ!フレーバーごとに異なる4つの遊びが体験できる「チョコボール」

森永製菓株式会社は法政大学のスマートマシンデザイン研究所とコラボレーションし、同社商品「チョコボール」のキャラクター「キョロちゃん」で遊べるARアプリ「キョロちゃんの遊べるARⅢ チョコボールの箱で遊べるお祭りゲーム!」をリリースしています。
同アプリは第3弾で、第1弾から第3弾まで対象商品は「ピーナッツ」「キャラメル」「いちご」の定番の3種と「各限定商品」の4種となっており、第3弾の限定商品は「ダマされちゃう?真のあけくちを探せ!!チョコボール」です。第3弾は夏まつりをテーマとして、ピーナッツで「うちあげ花火」、キャラメルで「わなげ」、いちごで「ヨーヨーつり」、ダマされちゃう?真のあけくちを探せ!!チョコボールで「ワルキョロちゃんを探せ」のそれぞれ対応する4つのミニゲームを楽しむことができます。 これまでに第1弾として『ゆきあそび』をテーマに「キョロちゃんスキー」「キョロちゃんスノボー」「キョロちゃんそり」「キョロちゃんチューブ」、第2弾として『ボールあそび』をテーマに「キョロ玉赤白組分け」「キョロちゃんを救え」「コロコロおしゃれコーデ」「キョロちゃんめいろ」がそれぞれリリースされています。

「キョロちゃんの遊べるAR」公式サイト



「どん兵衛」を味わいながら、人気CMの世界観にも浸れるアプリ

タレントの星野源氏と吉岡里帆氏の出演で人気となった、日清の「どん兵衛」CMシリーズをARで再現できるアプリが登場しました。アプリ名も商品と同じ「どん兵衛」です。アプリを起動し、商品のパッケージを読み込むことで、ARの「星野源」と「どんぎつね」が登場します。さらにどん兵衛シリーズの「きつねうどん」と「天ぷらそば」を揃えて読み込むと、「スペシャルAR動画」が体験できるという特典もあります。対象商品はどんぶり型レギュラーサイズと特盛サイズで、ミニサイズは対象外であるため注意が必要です。CMで話題になった「どんぎつね」ですが、放映当初から「どん兵衛を食べてもどんぎつねが出てこない!」というファンの声が多く寄せられていたそうで、ファンの声に応えるべく、「どんぎつね」の世界観をARでそのまま再現しました。

ARGO:ついに「どんぎつね(吉岡里帆)」に会える!? AR「どん兵衛」アプリが配信開始



味もコミュニケーションも楽しめる「しゃべるARクッキー」

体験型知育デジタルテーマパーク 「リトルプラネット」では、「しゃべるARクッキー」が販売されています。専用アプリでクッキーを読み取ると画面内でクッキーが動き始め、端末を見ている人になぞなぞの出題や、将来の夢の質問が行われ、音声認識で答えることでクッキーの表情や返答が変わるといったコミュニケーションが楽しめます。クッキーの監修は、パティシエとしてスイーツ事業プロデュースをおこなう小澤幹氏が担当しており、大人から子どもまで誰もが美味しく味わえる二種類の味が用意されています。クッキーを味わいつつ、動いて話すクッキーで楽しみながらコミュニケーションを学べる、リトルプラネットでしか手に入らないお菓子となっています。

専用アプリ「しゃべるARクッキー(App Store/Google Play)」



「AR大衆酒場」で居酒屋にいる気分になりながらハイボールを楽しもう

タカラから発売中の「焼酎ハイボール」では、「AR大衆酒場」が楽しめることが特徴です。各商品のフレーバー部分を読み取ると大衆居酒屋に入店する動画が流れ、対象である商品4種類のフレーバーそれぞれに対応した大衆酒場の4つを訪問できるというAR体験ができます。入店すると、店内を360度見渡すことができ、店員が注文を受ける掛け声なども聞こえてきます。また、店主によるおすすめ料理の紹介も1店舗につき3品あり、本当に大衆居酒屋にやってきたかのようです。
さらに、3品のおすすめ料理のAR動画のうち一つでも見終わるとその店舗が「訪問済み」となり、4つの店舗すべてが訪問済みになると、タカラ「焼酎ハイボール」の9本セットが当たるキャンペーンも行われていました。

タカラ「焼酎ハイボール」オリジナルアプリ



ピザ注文でARゲームが楽しめる米ピザハット、日本ピザハットのお誕生日ARの取り組み

アメリカのピザハットが、ARを付与したピザボックスの提供を開始しました。専用アプリでピザボックスを読み取ると、「Cornhole(コーンホール)」というアメリカ伝統のゲームが楽しめます。「Cornhole」は、角度をつけて設置された「板に空いた穴」に向かって、豆の入った「Bean Bag」という袋を投げ入れ、点数を競うゲームです。今回の試みではピザボックスの箱が板となり、画面スワイプでBean Bagを投げられるようになるのです。ピザを味わうだけでなく、食べ終わった後にはゲームも楽しめるという試みです。国の伝統であるゲームを起用したことでどんな世代でも楽しめる、ピザハットでまた注文したいと思わせられる取り組みとなっています。

また、日本のピザハットもARを使った取り組みをおこなっています。「ピザハット バースデーARアプリ(iOS/Android)」を使って、誕生日にピザハットで注文すると提供されるバースデーカードを読み取ると、ARで登場する公式マスコット「チーズくん」に顔をはめこんだフォトフレームでの写真撮影ができるようになります。バースデーカード発行には、会員登録を誕生日の9日前までに済ませておく必要があり、登録しておくことで誕生日の一週間前後で使える限定クーポンが入手できるという特典もあります。ピザハットでしか作れない思い出が残るだけでなく、割引サービスまで受けられるという、アプリを活用した取り組みです。

参考サイト:誕生日に宅配ピザのピザハットを使うなら、割引クーポンを利用しよう(誕プレ情報サイト)


動物園チケット抽選プレゼントも開催された、たべっ子どうぶつフォトフレーム

2019年4月15日~5月31日に株式会社ギンビスは、創業記念日である5月5日を「たべっ子どうぶつの日」と制定したことを記念して『5月5日はギンビス「たべっ子どうぶつの日」キャンペーン』を開催しました。
本キャンペーンでは、たべっ子どうぶつの商品パッケージにCOCOAR2アプリをかざすことでたべっ子どうぶつに出てくるどうぶつたちのフォトフレームが出現し、フォトフレームはタップ一つで種類を切り替えることもできました。
またSNSでは、Twitterで「#たべっ子どうぶつの日」のハッシュタグをつけ、たべっ子どうぶつたちと撮った写真を投稿した方の中から抽選で100組300名様に上野動物園の入園券がプレゼントされるキャンペーンも行われました。投稿は30万を超え、会社同士のアカウントでのやり取りもあるなど多くの人が楽しんだイベントとなりました。

ARGO:5月5日の「たべっ子どうぶつの日」に、どうぶつたちと一緒にARで写真を撮ろう!



ウイスキーのラベルが飛び出す絵本に!ブラックニッカについて学べるアプリ

2019年4月にジャックダニエル社はクリエイティブスタジオTACTICと協業でARアプリ「Jack Daniel's」をリリースしました。 本アプリを起動したスマートフォンをジャックダニエルのウイスキーラベルにかざすと、飛び出す絵本のようなアニメーションやナレーションによって同社に関連する「創設者Jack Daniel氏の人生」「リンドバーグに位置するジャックダニエル社のウィスキー蒸留所」「ウィスキーの製造工程」の3つのストーリーを見ることができます。
ジャックダニエル社のメディアディレクターであるJeff Cole氏は、「今回のARアプリ配信は、我が社のブランドに関する新たな一歩となります」と話しており、今後の展開にも期待が高まります。

ARGO:瓶のラベルがARで絵本に!ウィスキーを片手にジャックダニエルの歴史を味わおう

PAGE TOP