トップページ > マーケティングTOP > ハシオキ > ハッシュタグキャンペーンまとめ9選

Columnコラム

ハッシュタグキャンペーンまとめ9選

▼もくじ
1.投稿数に応じてプレゼント当選者が増えるポカリスエットのキャンペーン
2.「一生分の本」が当たる?平成最後、書籍通販サイトのキャンペーン
3.丸の内を舞台にした「男磨き」のコーディネートコンテスト
4.リポスト投稿を使い、agnes bの日本限定ブランドのプレゼント
5.「おたくTシャツ」を自慢して、Tシャツ制作クーポン券がもらえる!
6.チーズタルト専門店「PABLO」のハロウィン割引キャンペーン
7.不二家のハロウィンは、小悪魔ペコちゃんになれる!?
8.ペットグッズが無料でプレゼントされるPeconのキャンペーン
9.自分だけの「ねこ」を作って投稿。DeAGOSTINI JAPANのキャンペーン


投稿数に応じてプレゼント当選者が増えるポカリスエットのキャンペーン


大塚製薬が2018年夏にポカリスエットのハッシュタグキャンペーンをおこないました。
毎年かなりの猛暑となるため、熱中症や脱水症状の対策として、夏を過ごすたくさんの人にポカリスエットを選んでもらおうという取り組みです。

キャンペーンの企画内容は、この夏「笑顔でおでかけ」した内容の写真を「#ポカリのまなきゃ」や「#ポカリたべなきゃ」のハッシュタグを付けてTwitterまたはInstagramに投稿し、当たるとビーチで使える便利なアイテムが賞品でもらえるというもの。

さらに、ハッシュタグでの投稿数に応じて当選者の数が増えていき、最大300名まで当選確率があがるというユーザーを巻き込んだ面白い企画が採用されており、Instagramの投稿数が2018年11月の段階で12,000件以上にも及ぶという高い成果を出しています。

まさに「SNS画像投稿キャンペーン」の成功事例と言えるのではないでしょうか。


『ポカリ、のまなきゃ。』

「一生分の本」が当たる?平成最後、書籍通販サイトのキャンペーン


大日本印刷が運営するインターネット書籍販売サイト「honto」では、2018年11月から12月上旬にかけて「平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン」を開催。

honto会員となりフォームから応募すると、抽選で読書一生分に相当するというhontoポイントが当たり、1等にはなんと1,003,577ポイント分が当たるというものです。応募完了後の画面に表示される、「平成の思い出を振り返る画像」をTwitterへ投稿すると、当選確率が10倍になるチャンスもありました。

100万円分の「高いポイント」と、「当選確率が10倍あがる」という点が、ユーザーへのシェアを後押しさせる仕組みになっています。


平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン

丸の内を舞台にした「男磨き」のコーディネートコンテスト


丸の内エリアの情報サイト「marunouchi.com」が、メンズファッション誌「LEON」とコラボレーションをおこなった際に、ハッシュタグキャンペーンを開催しました。

今回のコラボでは、丸の内に通うサラリーマンを、外見から中身までイケてるメンズに変身させるというような「男磨き」がテーマ。周辺カフェでは、オリジナルフードやドリンクの提供もありました。

「To Be MARU∞MEN by LEON」と題したハッシュタグキャンペーンでは、SNSに指定ハッシュタグをはじめ条件を満たし、男磨きに励んでいる様子を投稿することになります。投稿は、公式「To Be MARU∞MEN by LEON」アカウントが紹介。たくさんの投稿があり、事前に選ばれた3名のなかで、開催期間に「いいね」の数が最も多かった投稿者1名をCLOSING PARTYで表彰するという大会もありました。

ユーザーに日々の活動を公式Twitterに投稿させることで、SNSの盛り上がりにつながったと言えるでしょう。


To Be MARU∞MEN by LEON

リポスト投稿を使い、agnes bの日本限定ブランドのプレゼント



To b. by agnès b.(トゥービー バイ アニエスベー)は、2018年9月に日本限定の若い女性向けファッションブランド「To b. by agnes b」でハッシュタグ投稿を使ったプレゼントキャンペーンをおこないました。

プレゼント応募の仕方は、公式アカウントをフォローし、同アカウントが投稿している5つのコーディネートの中から自分が気に入ったものをInstagramで指定ハッシュタグとともにリポストするというもの。応募者には、コーディネートで使われた新作アイテムがプレゼントされます。

Instagramで投稿をシェアするだけで新作アイテムがもらえるということでユーザーにとっては手軽にプレゼントに応募でき、企業側としてはユーザーによってキャンペーンを拡散してもらえることがメリットになります。

To b. by agnès b. キャンペーン詳細

「おたくTシャツ」を自慢して、Tシャツ制作クーポン券がもらえる!



自作デザインTシャツを1200円で印刷できるショップ「T1200」が、2018年夏にユニークなフォトコンテストキャンペーンをおこないました。

キャンペーンでは、Twitterで「T1200Print」のアカウントをフォローし、お気に入りのTシャツの画像とハッシュタグ「#おたくTシャツの写真競争」を投稿すると、全員にT1200の20%OFFクーポンをプレゼント。最優秀賞や各賞には、ギフト券のプレゼントもありました。

この企画では、ファン×Tシャツというターゲットを絞ったキャンペーンになっています。投稿数はそこまで多くはありませんが、何らかのファンという共通のターゲットということで盛り上がりを見せています。

おたくTシャツの写真競争(フォトコンテスト)

チーズタルト専門店「PABLO」のハロウィン割引キャンペーン



チーズタルト専門店「PABLO」が、Instagramで「#パブロでハロウィン」というハッシュタグと連動したキャンペーンをおこないました。

2018年10月1日~31日の期間に、PABLO公式ホームページや店内に掲示されたイラストを「COCOAR2」で読み取ると、ハロウィンオリジナルフォトフレームが出現。写真撮影をしてInstagramへ投稿した画面を店舗スタッフに見せると、その場で全商品が10%OFFになるというもの。このキャンペーンは全国の店舗で実施されました。
「#パブロでハロウィン」の投稿数は、同年11月時点で189件、「#PABLOハロウィン」では355件となっています。

ハロウィン期間限定で販売される「パンプキンチーズタルト」をはじめとした、かぼちゃが使われたかわいいお菓子と、写真投稿型SNSであるInstagramとの相性は抜群。ユーザーからは、お菓子を重点的に写した写真や、家族とのほのぼのとしたティータイムの様子といった好意的な投稿が多くみられたようです。

Instagramに投稿した写真が、商品購入時のクーポンの代わりにもなるという、変わり種の面白いキャンペーン方法です。

PABLO:「#パブロでハロウィン」インスタグラムキャンペーンのお知らせ

不二家洋菓子店のハロウィンセール


2018年9月下旬から全国の不二家洋菓子店では「ハロウィンセール」を開催。限定デザインのお菓子を買うと、ハロウィン限定フォトフレームで記念撮影ができるキャンペーンが開催されました。

対象となるお菓子は「ペコちゃんのほっぺ(2種)」「とろ~りカスタード」。各商品のパッケージにある「Trick or Treat!!!」の文字をアプリCOCOAR2で読み取ると、ハロウィン限定のフォトフレームが表示されます。
このフォトフレームは4種類の中からランダムで表示されるため、かざすたびに何が出てくるかわからない楽しみを味わうことができます。

お菓子自体にも、不二家オリジナルキャラクターの顔をあしらっている本商品。ハロウィン効果もあり、Instagramでの「#ペコちゃんのほっぺ」の投稿は10月末時点で4,000件を超えていました。
期間限定であるハロウィンの装いで、小悪魔的かわいさをまとったペコちゃんを撮影した投稿や、ちょっとした空き時間や休憩中に摂ったお菓子として紹介する投稿が多く、根強い人気がうかがえます。
(本キャンペーン期間は、2018年11月30日まで)

また、同時期に11月5日まで「#ペコポコハロウィン2018」という投稿キャンペーンも開催。公式イベントアカウントをフォローしハロウィンを彩る食事風景をInstagramで投稿すると、お菓子の詰め合わせがプレゼントされるというもので、こちらも1,600件以上の投稿がされていました。

SNSを利用したお菓子の詰め合わせ企画は、2017年にオランジェが実施したハロウィン企画の成果を見ても、投稿数や応募数で高い数値を出せるキャンペーンと言えます。

不二家:2018ハロウィン特集

ペットグッズが無料でプレゼントされるPeconのキャンペーン



「無料でペットグッズが貰える」というキャッチフレーズを推し出している、ペットの飼い主向けサービス「Pecon(ペコン)」。
会員登録を済ませ、SNSでハッシュタグ「#pecon」を付けてペットの写真や動画を投稿すると、キャットフードなどのペットグッズが抽選で当たります。

Instagram内の「#pecon」の投稿数はなんと37万件。投稿しているペットの飼い主たちは、多くの人々に自分のペットの可愛さや愛嬌を収めた写真やムービーを見てもらいたいようです。特に猫人気はインターネットユーザーにとって古くから根強いようで、投稿の多くを占めています。

また、ターゲット層にとって魅力的なプレゼントもキャンペーンの認知度向上と投稿数の増加につながります。

pecon(ペコン):ペットグッズを無料でもらおう!!

自分だけの「ねこ」を作って投稿。DeAGOSTINI JAPANのキャンペーン



「ニードルフェルトでねこあつめ」誌を出版するDeAGOSTINI JAPANが、SNSへのフェルト工芸投稿でキャラクターグッズや図書カードが当たるキャンペーンをおこないました。公式アカウントをフォローした上で、指定ハッシュタグとともにフェルトで制作した「ねこ」の写真を投稿するというもの。

もともと、人気のゲームアプリとして有名なねこあつめ。Twitterハッシュタグ「#デアゴねこあつめ」への投稿は3,600件を超えるほど盛況で、可愛らしいフェルト「ねこ」写真であふれています。

ニードルフェルトでねこあつめ:みんなでちくちく SNS投稿キャンペーン

PAGE TOP