トップページ > マーケティングTOP > ハシオキ > 今後の印刷会社に求められることとは②

Columnコラム

今後の印刷会社に求められることとは②


印刷業界を取り巻く環境の変化とは…


世の中のあり方が変わることは、決して初めて起こったことではありません。

印刷機器が生まれたとき、写本屋さんがいたならば、おそらく廃業に追い込まれたでしょう。
世の中にイノベーションが起こる度に、淘汰される仕事があることは歴史の必然です。

しかし、私たちはそれを指をくわえて見ているわけにはいかないのです。



繰り返しになりますが、印刷会社の本質はなんでしょうか?
どんな価値を世の中に提供していたのでしょうか?

それは「情報を届けたい人に、情報を届ける手助けをする」ということです。

その最善の手段が「印刷」という方法であり、製造部分を一手に請け負っていたのが「印刷会社」です。


しかし、インターネットが登場し、印刷よりも費用対効果の高い情報発信ができる手段が登場してきます。
これまで紙の印刷に使われていた予算のうち、少しずつインターネットの情報発信に取って替わられる部分も、少なからず出てきています。
新興企業であるIT企業が、取って代わった部分の仕事を受注することで、印刷会社の売上はどんどん下がってきたのです。


では、どうすればよいのでしょうか。
私たちは、印刷会社のビジネスドメインのあり方を考え直す必要があると考えます。


これまで情報を届ける手段として、一番最適な印刷技術を追求してきました。
今はインターネットの登場により、発信したい情報の性質によって、これは紙、これは電子、これはWeb、これはAR・・・と、手段が異なってくるはずです。

印刷会社はこの手段の違いを理解した上で、クライアントとそのエンドユーザとの間に立ち、コンサルティングし、情報発信のプロとしての立ち位置を獲得していかなくては、今後生き残っていけなくなってしまいます。


PAGE TOP