トップページ > マーケティングTOP > ハシオキ > リモートワーク・テレワーク支援ツール  8選

Columnコラム

リモートワーク・テレワーク支援ツール  8選

▼もくじ
1. 【コミュニケーションツール】Slack
2. 【テレビ電話システム】ベルフェイス
3. 【テレビ電話システム】zoom
4. 【電子ブック】ActiBook One
5. 【オンラインイベント支援】
6. 【マーケティング支援SaaS】
7. 【セキュリティ保護】
8. 【その他】販売支援・オンライン製品検査他



【コミュニケーションツール】Slack
チャットツール「Slack」

出典:「Slack」公式サイト

 

Slackは、2013年8月にアメリカでリリースされたビジネスチャットツールです。 世界での1日のユーザー数は1000万人以上。


Slackは1to1でのチャットだけでなく、グループチャットや、決められたメンバーだけを入室させることのできるプライベートチャンネルなども設定できるため、様々なグループ・用途で使用することができます。


また、他サービスとの連携が多いことや、自分の好みに合わせてカスタマイズできることも使いやすさにつながっています。メールではなく、チャットツールを使えば、スピーディーなやり取りが可能です。


他、Chatwork、LINE WORKS、typetalkなどもビジネスシーンでよく使われているコミュニケーションツールです。



「Slack」公式サイト




【テレビ電話システム】bellFace(ベルフェイス)
テレビ電話システム「bellFace」

出典:「bellFace」公式サイト

 

ベルフェイス株式会社はビジネスシーンに特化したWeb会議システム「bellFace(ベルフェイス)」を提供しています。bellFaceは電話をつないだ後、お客様側に発行される接続ナンバー4桁を打ち込むだけで簡単に接続ができます。


オンライン商談のために開発されたシステムであるため、お客様側の事前準備の少なさやデバイスに制限がないこと、録画機能に画面共有、セールスフォースへの自動情報連携など、スムーズな商談・業務効率化に役立つ機能が揃えられています。


また、企業の新型コロナウイルス対策支援として、2020年3月5日(木)~4月30日(木)の期間でbellFaceを無償提供しています。すでに契約中の企業でも接続制限なしで使用できるとのこと。無償利用のお申し込みはこちらからお申し込みができます。



「bellFace」公式サイト




【テレビ電話システム】zoom
テレビ電話システム「zoom」

出典:「zoom」公式サイト

 

株式会社zoomは、企業向けのビデオ会議ツールとしてzoomを提供しています。


zoomはリアルタイムでのメッセージングとコンテンツ共有が可能で、複数の参加者が各自のスクリーンを同時に共有して注釈を入れることも可能、またチームチャット等の機能もあるため、双方向性のあるミーティングができます。


最大1000人、最大49のビデオをスクリーンに表示できるため、通常の会議だけでなく、Webセミナーでの活用も可能。バーチャル背景や外見補正機能も搭載されているため、会議の際の場所も選びません。


zoomは無料でも40分間使用できるため、お試しとして使用してみるのもいいのではないでしょうか。



「zoom」公式サイト




ActiBook One
電子ブックサービス「ActiBook One」

出典:「ActiBook One」公式サイト

 

リモートワークにあたって社内文書などを電子化する動きも起きています。


ActiBook Oneは、電子ブックが誰でも簡単に作れるサービスです。PDFをドラック&ドロップするだけで簡単に電子ブック化できるほか、動画やページのリンク貼りも行え、配信後も内容の更新ができます。指定した会員だけが視聴できる会員限定サイトも作れるため、社内文書の管理にも最適です。


ActiBook Oneはどのページが一番読まれているのか、などのログ機能もとれるため、カタログやパンフレット等、社外への文書に活用しつつ、社内文書にも使用する、といった使い方も可能です。



「ActiBook One」公式サイト




オンラインイベント
オンラインイベント機材

出典:PR TIMES

 

Mobeon LLC.と株式会社R-StatupStudioは、新型コロナウィルスの影響でイベントの中止や延期を検討、また今後オンラインイベントの開催を検討をされているイベント主催者に向けた無料技術指導を行っています。


本イベントは、新型コロナウイルスによるイベントの中止や開催延期に伴う企業の機会損失と参加者の情報取得のチャンスが失われることを懸念し、その支援のために行われています。オンラインイベントの技術的相談が無料なほか、機材も格安での貸し出しが可能。また、配信スペースや配信スタッフ、実際のライブ配信の配信サポートまで包括的に相談できます。無料相談はこちらから。


他、ライブ配信アプリ「MixChannel」や「ピカピカ」、「actcoin」などでもオンラインイベント・オンラインセミナーの配信支援を行っています。



株式会社R-StartupStudio プレスリリース




マーケティングツール
マーケティング支援SaaS「ONLYSTORY」

出典:「ONLYSTORY」公式サイト

 

株式会社オンリーストーリーは、新型コロナウイルスの影響を鑑み、新規契約の企業を対象に、マーケティング支援SaaS「ONLYSTORY」を3ヶ月間無償で利用できるプランを発表しています。


ONLYSTORYは企業のマーケティング活動を支援するソリューション。2000を超える企業・経営者が登録する経営者プラットフォームによって、ターゲット企業へ架電・訪問することなく、ターゲット企業のキーマンへ直接アクセスすることができます。


前述のWeb会議システムなども併用することで、テレワーク・リモートワークの中でも効率的に企業にアプローチすることができます。



「ONLYSTORY」公式サイト




セキュリティ保護
個人情報検出ツール「P-Pointer」

出典:「P-Pointer」公式サイト

 

アララ株式会社は、リモートワークの支援として、個人情報検出ツール「P-Pointer」の体験版を2020年3月31日まで無料配布している。


P-PointerはPC内の個人情報ファイルを検出・管理するソリューション。指定の保管ルールを設定をしておくことで、検出後のファイルを自動で移動させたり削除することもでき、人手による仕分け工数を軽減することが可能です。


今回提供される「P-Pointer」体験版は、1クリックで個人情報を含むと思われるファイルを検出し、PC内の「どこに」「どのような」情報が「いくつ」保存されているか把握することができます。



「P-Pointer」公式サイト




販売支援
店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS」

出典:「PORTUS」公式サイト

 

パークアンドポート株式会社は、店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS(ポルタス)」を新型コロナウイルスの影響で展示会を中止・延期したブランドへ無償開放しています。


PORTUSはメーカー・ブランドと、全国のショップ・小売店舗をつなぐオンライン仕入れのプラットフォームです。アパレル業界のブランドと小売店の接点である展示会が、2,3月は新型コロナウイルスの影響で相次いで中止・延期・来場者の大幅な減少になっていることから、無償開放を始めたそう。


通常、契約後、小売店からの注⽂に対して下代の10%の販売⼿数料を設けているが、今回の試みでは、PORTUSへの掲載やサポート、マッチング、受発注、決済代行機能に至るまで、すべての機能を無償で提供している。2020年3月31日までの期間を予定しているが、感染の収束しだいでは延長も視野に入れるとのこと。


BASE社が運営するネットショップ作成サービス「BASE」でもオンラインでの催事用商品の販売を支援する取り組みが行われています。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となった物産展等の催事・イベントの出店者に対し、ネットショップの開設支援や告知方法などのアドバイスを行っています。



「PORTUS」公式サイト
株式会社BASE プレスリリース




製品試験支援
テュフズードジャパン株式会社「遠隔立会試験サービス」

出典:「遠隔立会試験サービス」ページ

 

国際的第三者認証機関テュフズードジャパン株式会社は、米沢試験所において「遠隔立会試験サービス」を開始。2020年6月30日まで無償提供しています。


製品試験の1つである立会試験は、時間やコストの負荷が大きくなりやすいですが、試験所とビデオ通話ツールをつなぎ、映像の共有および双方向のコミュニケーションを行う「遠隔立会試験サービス」なら、自社の会議室やデスクで映像を確認しながら、担当エンジニアに直接指示を出すことも可能。従来、移動時間や試験所での滞在時間に約半日~1日かかっていたものを、自社内での1~2時間の映像確認で済ますことができ、効率化につながります。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、移動や外部との接触を避ける動きを受けて、6月30日まで無償提供を行っています。サービス詳細はこちらから



テュフズードジャパン株式会社「遠隔立会試験サービス」




PAGE TOP